おっさんノングラータ

<   2014年 07月 ( 14 )   > この月の画像一覧




(B29)行動経済学(笑)|『エウレカの確率』感想

DN-01ですが、現物を見て欲しくなったりなくなったりを繰り返しております。また、実際に乗っておられる(た)方のレビューも参考になりますね。最大の短所は、「クルーザーなのに積載能力皆無とはこれいかに」。この問題の解消方法はこちら。

HONDA DN-01 LONG-TERM UPDATE: PART 1

トップ/サイドにキャリアを取り付け、風防を大型のものに交換する。この風防はデザイン的に好みではないんですが、ebayで物色すると他にも大型のスクリーンがありました。パニアケースのマウントは、日本では扱いがないらしく、これも海外から調達しなければなりません。ついでに、SP忠男のマフラーは燃費が良くなるらしいのですが、純正に比べるとやっぱりうるさい。これも交換希望です。物入りだなあ。

上の続きには辛辣なレビューが掲載されていました。

HONDA DN-01 LONG-TERM UPDATE: PART 2

とにかく高いですわな。同じ値段なら他のバイク買うわー、てなもんです。中古も安くはなくて、あとちょっと出せばCTX700Nのフルオプションを新車で買えるので、大いに悩むところです。

悩みつつも、KMT DUKE 125最近恒例の週末早朝ランをしてきました。国道310号〜県道30号〜国道166号。先週はMULTI STRADAでR309〜当麻寺〜R165を走ったばかりですが。

久しぶりにNarrative Clipを起動。胸元に装着して走ってみます。
d0252390_9225650.jpg

たまたま撮影されていた玄関の姿見。怪しい写真。
d0252390_9235730.jpg

信号待ち。視線と似たような画角になりますね。今回は走りっぱなしだったので、延々とこんな画像が撮影されました。
d0252390_9321072.jpg

R310を走行中。
d0252390_9315967.jpg

奈良県道30号線。ツーリングへ向かっているとおぼしき集団と遭遇。

バイクというのは主観的な視点が大事な乗り物のように思いまして、つまりは上の写真のような見え方、これがしっくりくるかこないかがその車種との相性になると思うわけです。で、DN-01に跨った時の主観的な視点がしっくり来なくてどうにもいけない。客観的な視点、つまり端からの見え方は悪くないはず(他人が乗るDN-01が格好良く見えるんだから、自分が乗ってもそれなりに見えるはず)なんですが、バイクに乗る時はそんなことは意識しないのです。バイクに乗った自分を格好いいと妄想しているところ、ガラスや正面の車体に映った自分の姿を見て「何やこれ……」と思うことがありますが、その逆のような感じ。




d0252390_9413494.jpg犯罪捜査にプロファイリングが導入されて、『羊たちの沈黙』以降、ミステリの一要素となっている。プロファイルを使えば犯人像をある程度、掴むことができる、あるいは従来の操作方法では浮かび上がってこなかった真相に迫れるとあって、追う側と追われる側の頭脳戦が楽しめるのだ。

けれど、プロファイルがネタとして陳腐化してきたのも事実。そこで、というわけではないだろうが、本作では「行動経済学」を用いて犯行の動機から犯人像に迫ろうとしている。

途中までは面白かったし、「行動経済学入門」的な話も興味深かった。しかし捜査が進展するにつれ、推理の在り方が行動経済学関係なく、普通に警察が推理して裏を取りそうなものではないかと思えたり(読者にそう思わせないよう、本作に登場する警察は「冤罪上等」の昭和の香りをさせていてるが)、容疑者に捜査状況をぺらぺら喋る登場人物にリアリティを感じなかったり。

本作と同じく日経新聞書評でおすすめされていた『星になるには早すぎる』が似たような変化球ミステリで面白かったので期待したのだが、少し残念。



[PR]



by non-grata | 2014-07-07 12:01 | 読書

(M16)シミュレーションは大切|『オール・ユー・ニード・イズ・キル』感想

無性にDN-01が欲しくなる。赤+純正バッグ+SP忠男マフラーつきでまずまずの中古が見つかりました。明日、近所のRBで展示されるようなら縁があったものと身受けしようじゃないか!

d0252390_10141822.jpg聞くところによると、映画と原作は別物で、映画は「兵士がタイムリープして次第に強くなる」というアイディアを発展させた娯楽大作に仕上がっているのだとか。以下、大いにネタバレあり。

恐らく優秀な広告マンだったトム・クルーズだが、「ギタイ」と呼ばれる地球外生命体による侵略の煽りを受けて代理店が倒産。しかし軍の広報官に採用され、そこで頭角を現す。短期間で将校さんになったのだから、恐らくそうだ。

さて、人類はそのギタイに太刀打ちできなかったが、パワード・スーツ的な外骨格=戦闘機動スーツを装着して兵士を強化することで、ある程度は戦えるようになった。ヴェルダン(第一次世界大戦の激戦地。今年は第一次大戦勃発100周年)で、「フルメタル・ビッチ(戦場の牝犬)」ことエミリー・ブラントが一人で100体ものギタイを倒したのだ。さあ人類反撃の時がきた。西ヨーロッパはギタイに占領されているが(ということは、結局ヴェルダン戦には負けたのね)、イギリスから戦闘機動スーツ部隊がフランスに上陸(今年はノルマンディ上陸作戦70周年)、東部から中国軍とロシア軍が挟撃して(今年はバグラチオン作戦70周年)ギタイを一挙に殲滅しようというのである。

トム・クルーズにはDデイのロバート・キャパよろしく、最前線でレポートするよう命じられたが、紙で指を切っただけで卒倒するような虚弱体質。命令を拒否したら逮捕され、意識を失い、気づけば新兵の訓練キャンプに。しかも翌日には作戦が決行される! あれよあれよという間にドロップ・シップに乗せられ、戦闘機動スーツの扱いもよくわからないまま敵前に降下。当然、戦死。しかし次の瞬間、新兵の訓練キャンプで目を覚ます。

最近、タイムリープものを観たり読んだりする機会が増えているが、本作のそれは『魔法少女まどか☆マギカ』の性質によく似ている。暁美ほむらがワルプルギスの夜を倒すため、そして鹿目まどかを魔女化させないために何度も何度も戦いをやり直したのと同様、トム・クルーズも人類の存亡をかけて何度も死ぬ。死ぬ度に同じことが繰り返されるので自然、戦い慣れして強くなる。戦場で経験に勝るものはないのだ。

『魔法少女〜』のタイムリープ能力は暁美ほむらが偶然得た力だが、『オール・ユー〜』は、もともと敵の能力であり、ギタイは都合が悪くなると時間をリセットして戦いをやり直してきた。そりゃあ人類はギタイに勝てませんわ。しかし人類側にその能力を持つ者が現れ、状況は変わる。どんなにギタイが戦いを有利に進めても、トム・クルーズが死ねば振り出しに戻ってしまうのだから!

それにしても10回も20回も、いや100回も死んでは生き返り、かつ記憶を引きずっていると、人間の精神は崩壊してしまわないものだろうか。暁美ほむらはその限界に達し、全てを諦めかけたところで鹿目まどかがある決断を下すことで救われた。トム・クルーズも一度は諦めかけたが、最後は力業で乗り切った。前者はそのシーンが真のエンディングで後はエピローグとなるが、後者は、乗り切ろうとする直前にもう一波乱あって、ハリウッド映画らしいエンディングが用意されている。どちらにしても、「諦めずに努力することで展望が開ける」というところで山がくる。

最後はリセット不可の一発勝負が求められるが、これまでの経験で困難を乗り越える。考えてみればノルマンディ上陸作戦も、これが一発勝負だったら大変なリスクを負うが、連合軍は1942年にディエップ強襲を行い、そして大損害を出して失敗している。死んだ、あるいは捕虜になった将兵にはたまったものではないが、この時の経験が本番のDデイで役立ったのだ。シミュレーションは大切ということか。

ここで盛大なネタバレ。

アルファとオメガを倒した後、トム・クルーズはイギリスへ向かうヘリの中で目を覚ます。何というご都合主義と思ったが、「ヴェルダン戦に勝利して人類をヨーロッパから駆逐、アルファがルーブルの地下へ移動したらステージ終了(セーブ・ポイント)」だったのではなかろうか。だから、アルファが死ぬと最後にセーブされたポイントまで時間が遡り、ハッピー・エンドとなる。という解釈でどうですかね。



[PR]



by non-grata | 2014-07-04 10:14 | 映画

(M15)大事なことは二度言います|『超高速!参勤交代』感想

平野綾が八尾に来るというので、超高速で参勤交代してきたった。侮れんな、アリオ八尾! もっとも、特にファンというわけでもなく、2階からご尊顔をちらっと拝んでそそくさと撤収。トークショーが始まる前、司会のお姉さんが「涼宮ハルヒ」のフィギュアを取り出して、観客に平野綾が声優であることを説明していたが、トークショーが始まった時点ではテーブルからフィギュアが片付けられていたのが印象的だった。もっとも、その後で再び取り出したのかもしれないが。

d0252390_13412576.jpgそれはさておき『超高速!参勤交代』である。昨年末、あるいは今年の初めだったかに放映された「宮崎美子のすずらん本屋堂」で、原作はオススメの時代小説にあげられていた。書店で見かけるたびに買おうと思ったが、装丁がどうにも気に入らずに見送っていた。通常、1年おきに行われた参勤交代を、明けた直後、5日以内にもう一度行えと命じられるのである。しかも小藩、とても財政負担に耐えられるものではない。やるかやらないか?(やらなかったらお取り潰し)やるならどうやって?(金もないのに)そもそも何でこんな目に遭わなければならないのか? と、サスペンスあり、ミステリありの内容になっている。

参勤交代を命じられる湯長谷藩の藩主、内藤政醇は佐々木蔵之介が演じる。凡庸な作品だった『椿三十郎』だが、佐々木蔵之介の好演が光っていたのを思い出した。内藤を助ける抜け忍に伊原剛志、途中の宿で出会う女郎に深田恭子とキャスティングは豪華。内藤の参勤交代を阻止、湯長谷藩の領内にあると誤解している金山を自分のものにしようと画策する老中は陣内孝則。この陣内孝則がまた、楽しそうに悪役を演じていた。

勧善懲悪の物語、登場人物も決め台詞を繰り返してくれるのでテーマも明確。例えば深田恭子は佐々木蔵之介に言った台詞をそのまま石橋蓮司にもぶつける。佐々木蔵之介も同じ台詞を繰り返したはずだけど、それが何だったか思い出せない──観た後にすぐ記録をつけておくんだった。湯長谷藩の武士たちの啖呵が繰り返されたのは覚えているのに。

意地でも5日以内に参勤交代しようとする側と、それを阻止する側の丁々発止の駆け引きだけでも面白いのだが、最後に無理なくチャンバラを入れて盛り上げてくれるのが素晴らしい。

湯長谷藩が今の福島県(いわき市)にあることを思うと、徳川吉宗(市川猿之助)が佐々木蔵之介に言った言葉にどきりとさせられる。ただし、この台詞は1回しか言わない。それまで、ステロタイプな決め台詞を繰り返しておきながらこの台詞は1回だけ。だから重く響くのである。



[PR]



by non-grata | 2014-07-03 14:35 | 映画

(B28)よくわかる真田幸村|『華、散りゆけど』感想

2014年も早折り返しです。前半最後の6月は、台湾で食中りに遭い、1週間ほど悶絶しておりました。台所をネズミが這っているようなちまき屋が悪かったのか、ホテルの朝食で生野菜を食べたのがいけなかったのか。これまでそんなことはなかったのですが、単に加齢とともに免疫力が低下しているだけかもしれません。

ブログを放置している間にも本を読んだり映画を観に行ったりはしておりました。

d0252390_1563186.jpg仕事で「大坂夏の陣」を調べる必要があって、雰囲気を掴むのに歴史小説を読んでおこうと、書店でたまたま見つけた一冊。「真田幸村連戦記」と副題にある通り、「冬の陣」「夏の陣」を真田幸村がいかに戦ったかが描かれています。ただ、戦闘描写は全体の半分以下、一番興味があった夏の陣は冬の陣よりボリュームが抑えられていたのが残念。蟄居していた九度山を出て大坂城へ入り、真田丸を構築するあたりが一番盛り上がります。

★軍事に優れた父親と、政治に秀でた兄を持つ幸村ですが、大坂城における軍評定での描かれ方から、なかなかディプロマティックな才能も持っていたようです。しかしはるかに政治力を持つ家康に叶おう筈もなく。戦術的勝利では戦略的劣勢を挽回できないというやつですね。

★真田丸築城の件では、実に魅力的な「大将」に描かれています。岸和田のやんちゃくれも思わず惚れてしまう男っぷり!

★幸村の最期には諸説あるそうですが、『大坂の陣と真田戦記』によると、史実では松平忠直の家臣、西尾仁左衛門との一騎打ちで倒されたことになっています。本書では『細川家記』に近い扱いで、疲れ果てて休んでいるところに敵と出くわして……ということになっていますが、これはこれで悪くはない終わり方。

★幸村は家康本陣に突入し、大狸を討ち取りますが、それが本物なのか影武者なのかわからない──どうだっていい、という終わらせ方に、徳川方、豊臣方双方の厭戦気分が表されています。

★伊達と因縁浅からぬことになるのであれば、天王寺の戦いはやっはりもう少しボリュームが欲しかった!

さくさく読めるので、大坂の陣の概要を掴んでおきたい人にお勧めです。



[PR]



by non-grata | 2014-07-02 15:31 | 読書

今年は何でも五つ星
by non-grata
プロフィールを見る
画像一覧

フォロー中のブログ

最新のトラックバック

検索

ブログパーツ

最新の記事

外部リンク

ファン

ブログジャンル

画像一覧