おっさんノングラータ

<   2014年 01月 ( 7 )   > この月の画像一覧




(B04)儲かるから戦争協力|『そして、メディアは日本を戦争に導いた』感想(★★★★★)

d0252390_9364918.jpg半藤一利・保阪正康両氏の対談集。内容は予想通りと言えばそれまで何ですが、新しい発見もあって楽しめました。

大前提としてあるのが、新聞の偏向報道──朝日新聞が顕著な例ですが、戦前・戦中の戦争礼賛記事。あれは、軍部の圧力を受けて「やむを得ず」そういう紙面づくりがされたという論調ですが、売れるから新聞が煽ったという側面があるようです。という点に斬り込んでいるところにまずは星一つ。今も昔も大衆は見たいと思うものしか見ないのです。

もちろん当時は検閲もあったし、在郷軍人会による不買運動もあって、反戦的な紙面にすることはできなかった。売れないから続けられない。となると、座して死を待つか、国外逃亡するか(亡命というシステムはなかったのですが、満州に逃げたりはしたそうな。そこで何ができるわけではないにしても)、売れるものをつくるか。最初の選択肢以外は、ジャーナリストとしての死を意味するわけです。

半藤氏が警鐘を鳴らしているのは、何かあると雪崩を打ったように一つの意見に集束しようとする国民性。立ち止まって熟考することを許さず、一つの総論に突き進んでいきます。ナチュラルな全体主義とでも言うんでしょうか。その流れに乗ったのが戦前の新聞で、雪崩のスパイラルを起こしました。今はインターネットという便利な道具がありまして、耳障りの良い情報だけ取捨選択してクラスタ化、セルフ雪崩を起こしがちなのでより危険だなあと痛感させられました。星一つ

半藤氏は、今の日本が昭和一桁代に似てきている、国家が教育、情報の統制を始めたら気をつけなはれと書いています。このへんは大いに賛同するところで星一つ。「歴史を振り返ればわかるように、権力側はきっと(ジャーナリズムを)懐柔しようとします。それを承知しておいて、決して服従しないことが大切です。それでなくとも、言論が不自由になりつつあるんですから、こちらから屈従するのは間違いなんです」

ナショナリズムの高揚についても述べられていますが、これも賛同するところで、よく利用する書店に「嫌韓コーナー」があって驚かされたものです。もっともそのすぐ横にきっつい「愛国コーナー」があったので、書店員の皮肉かもしれませんが。とは言え、中韓政府の政策を見るとわかるように、反日を叫ばないと政治家が支持を得られないような状態に陥ってしまうと、これまた負のスパイラル。「思想にはまり込んで疑わないのは、いちばん楽なんですよ。全てが一元的に割り切れるから」との保阪氏の言葉は正しいでしょう。星一つ

二人、特に半藤氏は、自分はもう歳であり10年先に生きていないかもしれないので、ああしろ、こうしろとは言えない、と割り切っており、責任ある大人の態度というやつです。歴史に学べというアドバイスしかできない。いや本当にその通り。発言力のある人は歴史に学んだことを発言し、そうでない人もいろんなことを考えましょう。ヤスの母ちゃんのように。いろいろ考えさせられる良書でした。星一つ



[PR]



by non-grata | 2014-01-31 11:42 | 読書

(M03)キャスティングが素晴らしい|『ジャッジ!』感想(★★★★★)

d0252390_10521993.jpgこのポスターですよ、製作がフジですよ、期待しろというほうが無理で、完全に無視を決め込んでいました。が、『アイム・ソー〜』の口直しがしたかったのと、TwitterのTLを眺めていると評判が良かったので観てきました。

名クリエイター(豊川悦司)の下で働くCMディレクターの妻夫木聡が、サンタモニカ国際広告祭の審査員を務めることとなる。ちくわメーカー社長の馬鹿息子が自社製品の(どうしようもない)TV CMを制作し、それを何とか入賞させれば同社の仕事をまとめて受注できるというのだ。さもなくばクビが飛ぶ。もともと自分が審査員だったのだが、これは無理だと判断したトヨエツが妻夫木にその役を押しつけたのだった。

冒頭、クリエイター様とクライアント様のわがままに現場が振り回される様がリアルで面白い。掴みは抜群で星一つ。そうしてできた「きつねうどん」のTV CMは爆笑ものです。

仕事では同姓の同期(北川景子)に水を空けられ、プレゼンでは大失敗、実際にさせられているのは上司の敗戦処理と、いいとこなしの妻夫木ですが、広告の仕事を目指したのには理由があります。「逆風は、振り返れば追い風となる」をキャッチコピーにした靴のTV CMに感動し、自分も他人に感動を与えるCMをつくりたいと思ったわけです。定番ではありますが、これが主人公の行動規範となっており、後の展開に不自然さを与えません。星一つ

で、前述の通り妻夫木はサンタモニカ国際広告祭の審査員を務めることになるのですが、英語ができません。そこで「リストラ部屋」に閉じ込められている(このへんも妙にリアルだ)、しかしかつて審査員を経験したことのあるリリー・フランキーに、審査会で使える英語の教えを請うことになります。この件が実に面白くて星一つ。で、彼、ミスター・メガホン(だったっけ?)がリストラ部屋に追いやられている理由が、その後の妻夫木の行動から想像されます。

というのも、広告祭は審査員が優れた作品を選ぼうとするのではなく、自分が制作した、あるいは自分にとって利益を生んでくれるCMを入賞させる「戦争」だったのです。もちろん本作はフィクションで、実際はきちんと選んでいるはず……と思いたいところですが、国際的なあれやこれやは大手の持ち回りなんでしょう。で、我らが妻夫木君は「ちくわCM」が入賞を逃すとクビにされるのを承知で、審査員に戦いを挑むわけです。良いものは良い。我々は広告制作のプロなんだから、プロが選ぶ本当に良い作品が受賞すべきである。青臭いけれど正論です。今やっている、あるいはやらされている仕事を惰性でやっている人ならどきっとするかもしれません。しました。星一つ

けれども、残念なことに正しいことをしていれば、社会的にも会社的にも評価されるとは限りません。恐らく、ミスター・メガホンは正しいがゆえにスポイルされてしまったのでしょう。そこに妻夫木君の未来が見えてしまうのですが、それでも彼に、彼の行動にビッドしてしまいたくなるのは北川景子ならずとも。彼女の最後の台詞に笑わされると同時に幸せな何かを感じます。星一つ

と、ここからは本作とは関係ないことですが、鑑賞した際、両隣が小さい子連れというノモンハンの日本軍もかくやという包囲網を敷かれました。幸い、二重包囲にはならなかったんですが、案の定、片側は途中で退屈した子どもが暴れる始末。座席指定する時に悲劇を回避できればいいんですけどね。



[PR]



by non-grata | 2014-01-30 12:00 | 映画

(M02)予告編は最高!|『アイム・ソー・エキサイテッド!』感想(★★★★★)

d0252390_9523670.jpgエンダーのゲーム』を観た時に本作の予告編を見て、たいそう面白そうだったので観てきました。というくらいキャッチーな予告編に星一つ

メキシコ・シティ(だったよな)へ向かうはずだった飛行機が、着陸装置の故障で胴体着陸を余儀なくされます。乗客をパニックにさせるわけにはいかないので、エコノミー・クラスの客と客室乗務員には一服盛って眠ってもらい、ビジネス・クラスの客には、避難先の空港が見つかるまでオネエ系──と、ポスターには書いてあるけれど、ゲイかバイのCAがおもてなし。そのビジネス・クラスの客がいろんな問題を抱えていて、着陸までに一波乱あるというコメディです。

冒頭でアントニオ・バンデラスとペネロペ・クルスがカメオ出演。豪華! 星一つ。映画は90分と程よい長さですが、90分あれば他にどれだけのことができたかと考えさせられることに星一つ。時間って大事だよね。この程度の映画でも金取っていいんだ、と全ての映画人と配給会社、映画館に勇気を与えたことに星一つ。観る側の立場で言えば、次観る映画は何でも面白く感じさせてくれたことに星一つ



[PR]



by non-grata | 2014-01-29 11:53 | 映画

(B03)赤ヘル1975/重松清(★★★★★)

d0252390_848863.jpg1975年と言えば来年で40周年。本作の映像化待ったなし! 映画でもかまへんし、NHK広島が頑張ってドラマ化してくれてもエエんやで。

広島東洋カープがリーグ初優勝した1975年を節目に広島ではいろんなことが変化しました。実際には少しずつ変質していたことも、歴史的イベントが変化を象徴づけるというやつです。1975年は原爆投下から30年、やはり節目であります。自分は小学2年生。仲の良かった友だちが小学1年生の終わりに、当時開通したばかりの新幹線で岡山に引っ越し、それが原因でやさぐれてしまって、小学2年生にして「一人学級崩壊」を起こしていました。いや本当に、何が気に入らないのか国語や算数の時間に机の上で粘土遊びをしてみたり、注意されたら教室を飛び出したり。カープが初優勝してからそんな悪癖もぱたりと終息し、以来(しばらくは)模範的な小学生になったんだから、やっぱりカープってすごいのです。

前年最下位に沈み、日本プロ野球界初の外国人監督をいただいたカープが開幕ダッシュに失敗した5月、ヤスが通う相生中学校に東京から一人の転校生がやってくるところから物語は始まります。変な意味でなく、ボーイ・ミーツ・ボーイの物語であります。典型的な広島の野球少年であり、「田舎の子」で不器用なヤスですが、友人のユキオとともに何かと転校生マナブのことを気にかけます。ここでまず落涙して星一つ

マナブは事情があって転校のベテランで、新しいコミュニティに馴染むためには何が必要か──人間観察を持ってその輪にとけ込む術を身につけています。が、ここは広島。世界で最初に原爆が投下された町。もちろん、戦争中に空襲で壊滅した都市は他にもありますが、広島には特殊な事情があります。放射線、黒い雨、入市被爆……被害規模で言えば東京大空襲のほうが大きかったかもしれません。後方地域に対する無差別戦略爆撃を、百歩譲って敵国の士気を落とすためのテラー・ボミング・タクテクスと見なすことはできても、広島・長崎に対する原爆投下は実験的、政治的含みが大きすぎて外道以外の何ものでもありません。とまあ、そんなわけでなまじ観察眼が良いために、マナブは広島の特殊性を目の当たりにすることになるのです。マナブの視線で描かれる、被爆30年のヒロシマに星一つ

本作には、自称「平和団体」同士の対立や宗教的なあれやこれやの問題にも逃げずに向き合っております。もちろんサイド・ストーリーであるし、広島生まれの人以外には理解されにくい問題ですが、ここを押さえてくれたことに星一つ。千羽鶴折らされたわー。

ヤス、ユキオ、マナブ三人の物語は、カープの成績同様、一進一退を続けます。カープが負ければ友情に暗雲が垂れ込めたり、大事な試合に勝てば関係が深まったり。高橋慶彦選手のプレーで主人公の人生が流転する『走れ!タカハシ』(村上龍)が想起されます。

ここからネタバレあり。注意。

マナブの父親はマルチ商法をはじめとして怪しい商売に手を出し、破産する(弱みにつけ込んで元義母の財産にすがる)、あるいは周囲に迷惑をかけて夜逃げします。マナブが転校のベテランになった理由もそれ。勝ち馬に乗りたがる父親ですが、弱小球団だったカープが、地道な努力を続け、シーズン半ばで指揮官の座を降りたジョー・ルーツの言葉通り「地域に貢献する」姿勢を忘れずに初優勝を遂げたことに、一瞬、気持ちが揺らいでいます。結局、優勝パレードの途中でマナブたちは広島を去り、その後も消息は知れません。父親に対しては安易な批判もあるでしょうが、彼は息子に対して戦争中のことを語っていないのです。あるいは、空襲によって一夜にして財産を、家族を、全て亡くしたのかもしれません。その記憶が一発逆転のビジネスへと、上辺だけでも彼を必要としてくれる詐欺師へと駆り立てている可能性もあります。

終戦から1975年までのほうが、1975年より今よりも近いということを思い出させてくれます。今度、広島に帰ったら原爆資料館に再訪しよう。という思いにしてくれたことに星一つ。ヤスの母親の平和運動に共感します。

で、カタカナで書かれていたからすっかり騙されたわけですが、優勝の年、後の投手王国・広島を支えたエース、北別府学投手が都城農業高校から入団しています。北別府と言えば広島一筋で200勝を達成した大エースですよ。同じ名前を持つマナブがその後、広島に戻ったかどうかはわかりませんが、1975年の広島での体験が彼の人生を良い方向に変えたことは間違いないでしょう。当時、広島に住んでいた人はきっとそうだし、住んでいなかった人も本作を読むときっとそうなる。そんな思いにさせてくれるラストに星一つ



[PR]



by non-grata | 2014-01-28 10:06 | 読書

(B02)昭和二十五年最後の戦死者/城内康伸(★★★★★)

d0252390_10303142.jpg海上自衛隊の掃海部隊が海外派遣されたのは湾岸戦争が初で、1991年3月にペルシャ湾へ遠征しています。掃海部隊を海外派遣したのって第一次世界大戦以来じゃないかと当時は思っていましたが、いやいや、朝鮮戦争にもこっそり参加していたんですね。しかも38度線を越えて。戦争放棄を謳っていたものだから、当時は、いや今もあまり大っぴらにしていない史実です。という歴史の襞に埋もれてしまいそうなエピソードに関する貴重な証言を集めてくれたことにまずは星一つ

太平洋戦争で日本の主要都市がB-29の空襲によって灰燼に帰したのはご存じの通りですが、空襲による直接的被害の他、機雷散布による海域封鎖という間接的被害も大きかった。これを「飢餓作戦」と言います。で、厄介なのは機雷は戦後になっても残っていることで、これを誰かが排除しなければなりません。実際、戦後になって民間船が触雷、失われなくてもいい人命が失われた事件が多発しています。機雷は散布後、一定期間が経過すると無力化しなければジュネーブ条約違反らしいですが、適当です。という機雷戦に関していろいろ学べたことに星一つ

機雷をばらまいた張本人のアメリカが掃海してくれるはずもなく、元海軍の人員で構成された掃海チームが近海の機雷を排除していきます。その後、1950年に朝鮮戦争が勃発。太平洋にまともな掃海部隊を持たなかったアメリカ軍から海上保安庁に掃海が要請されます。

釜山まで追い詰められた国連軍ですが、仁川に上陸、北朝鮮軍の背後を取って逆襲し、たちまち38度線まで押し返します。その後、東海岸の元山への上陸作戦が企図され(実行はされませんでした)、その水域に漂うソ連製の機雷の掃海が、特別掃海隊に命じられます。国内政治的にも掃海隊派遣がすんなり認めれるはずもなく、「戦争を放棄したのに何故また戦地へ」という隊員の疑問に満足な回答も与えられず、アメリカ様に言われたから、あるいは講和条約に響くから、との理由でとりあえず送り出される隊員の非業、にもかかわらず任務となるときっちり仕事をしてみせるプロフェッショナリズムに星二つです。

しかし、不幸にも掃海艇の1隻が触雷、轟沈して1名の死者を出します。それがタイトルにある「最後の戦死者」。その後、掃海隊の一部が任務続行を拒否して帰還、アメリカ軍との緊張のやり取りがあります(背景を語らず、任務拒否という事実だけをもって後に政治利用しようとした輩がいるとか)。

朝鮮戦争への参戦、それがこっそり行われたこと、最前線の隊員たちの苦難、外国軍(韓国を含む)からの感謝など、殆ど伝えられてこなかった昭和史が重みを持つ当事者の証言によって描き出されます。星一つ。本書を読むと、もしかするとなあなあで朝鮮戦争に参加した事実が、今もって太平洋戦争を総括できない理由になっているのではないか、だからこそ今も、為政者にとって都合がいいように何ごとも「拡大解釈」が行われているのではないかと空恐ろしく思えてしまいます。



[PR]



by non-grata | 2014-01-27 11:23 | 読書

(M01)エンダーのゲーム(★★★★★)

d0252390_9234443.jpgあれだけテレビCM見せられたら行くしかないよね、ということで行ってきました『エンダーのゲーム』。なんばパークス初日14時20分の回で、客の入りはまずまず。

事前情報なしでの鑑賞でしたが、それでも(1)原作は1985年発行の小説、(2)『新世紀エヴァンゲリオン』主人公は「サード」で「戦いたくない」本作主人公のオマージュ(らしい)、(3)ハリソン・フォードが教官役で登場(らしい)といった、情報がTwitterのTLに流れてきました。公開後は(4)吹き替え版のほうが字幕版より情報量が多いということも知りましたが。以下、ネタバレ含む。

近そうで遠そうな未来の地球。謎のエイリアンが襲ってきます。母艦+無数の戦闘機というオーソドックスな編成です。地球の兵器、画面ではF35の発展型のような戦闘機ですが、多勢に無勢な感じで追い詰められます。ところが司令官の英雄的行動で1隻の母艦を撃沈──というところで映像はストップ。地球が危機に陥っても優れた司令官がいれば救われるぞ、君たちも頑張ろうという戦意発揚ムービーで幕開けします。その映像からわかるのは、「英雄的行動」は戦闘機の母艦に対する体当たりで、『インデペンデンス・デイ』でもありましたね。司令官が最前線に立って体当たりまでするのはどうよ、という特攻批判と解釈できないこともない複雑な表現に星一つ

とりあえずエイリアンは撃退したものの、いつまた襲ってくるとも限らないので、見込みのある子どもたちは軍事の英才教育を施す……という解釈で合っているでしょうか。人口抑制策もとられているようで、第三子、サードを持つのは面倒な手続きが必要な社会のようです。そのサードがエンダー君ですが、長男は凶暴、長女は優しすぎて落第。次男はその両面を宿しているように描かれます。

エンダー君がめきめきと才覚を現して同期生とともに国連艦隊司令部に採用され、最後は提督になり、攻められる前にエイリアンを根絶やしにする作戦(のシミュレーション)に従事することになります。大筋はだいたいそんな感じ。

エンダー君が評価されたのはゲームに対する姿勢。ゲームとは、定められたルールで定められた勝敗を競い合うものだから、ルールの範囲内であれば、どんな手段を使っても目的を達成したほうが勝ち。勝ち方にきれいも汚いもないわけです。となると、あの空間戦闘シミュレーションのルールなら、「人間団子」をつくって敵のゲート目指せばいいんじゃね? と普通に思ってしまうわけですが、そのまんまの展開に驚かされます。予想を裏切らないやさしい演出に星一つ

この人間団子は最終戦の伏線にもなっていて、シミュレーションなら撃たれても麻痺するだけだけど、実戦だと囮にされた人は死んじゃうよね、でも囮の死で崇高なる目的を達成できるならそれでいいよね、という非情な決断へとつながります。囮作戦に失敗したレイテ沖海戦が思い出されてで星一つ

波動砲(!)で敵本星を壊滅させておいて「僕たちは殺し合うべきじゃなかった。愛し合うことだってできたのに」と叫んで小銃を甲板に叩きつける『宇宙戦艦ヤマト』を彷彿させるクライマックスが微笑ましくて星一つ。そこからが驚きの展開で、半世紀も前に制圧した敵基地なんだからもうちょっと入念にいろいろ調べとけや、とかいうツッコミが野暮に思える怒濤の5分間に震えます。

(ゲームの)ルールを守れなかったら落伍者、ルールに従うしかないなら奴隷、ルールをつくる側に回ったら支配者。エンダー君は提督の地位を手に入れてルールをつくる側になったわけで、人生の何たるかを教えてくれます。ありがとうエンダー君、ということで星一つ。「俺たちのゲームはこれからだ」でエンド。自分の人生なんだから、自分で勝利条件とルールを決めろというありがたいメッセージをいただきました。



[PR]



by non-grata | 2014-01-23 10:14 | 映画

(B01)村上海賊の娘/和田竜(★★★★★)

d0252390_830333.jpg今年最初に読了した本がこちら。昨年10月頃、書店店頭のポスターを見かけて以来、読もう読もうと思っていたのが年末にずれ込んでしまったのです。

流行作家=軽佻浮薄の印象があったので──誰とは言わんが、ほぼワンセンテンスごとに改行してすっかすかの歴史小説を読まされたので、それまで和田竜作品は敬遠していたのですが、思いの外、濃密な内容に引き込まれます。星一つ。もちろん歴史小説なのでフィクションなのですが、時折挿入される史料からの引用がリアリティを与え、うまい嘘のつき方になっているのに星一つ

物語は、瀬戸内海に覇を唱えた村上水軍、その中の能島村上の景姫の人物像を描きつつ、信長と本願寺との戦いを描写。上巻の大半はタイトルに「海賊」を冠しつつも地上戦が主体です。その意外性に星一つ

狂信の輩と正面から戦っても疲弊するだけと、信長は本願寺に対して兵糧攻めを行います。こうなると籠城側は、外からの救援の見込みがない限り絶対に勝てません。その鍵を握るのが(1)越後の上杉謙信と、(2)中国の毛利でした。陸は封鎖されていても海からなら兵糧を運び込める。そこで本願寺は毛利に依頼しますが、毛利としては(正確には小早川としては)謙信が動いてくれないのではリスクが大きい。しかも自家だけでは無理な話で、村上海賊に頼らなければならない。村上・毛利・小早川の思惑が静かに衝突します。

自家の存続を第一に考えるのが戦国の倣いなれど、他者を慮って行動を起こす景姫によって事態は大きく動き、木津川合戦が始まるのであります。このあたりになると史料もないようで、急に引用が減って「あ、盛ってるな……」と明々白々になりますが、外連味たっぷりなのでよしとしましょう。この価値観の違いが内面だけでなく、冒頭で醜女醜女と面罵される景姫が、当時の美的感覚からするとそうだからで、現在の価値基準では美人──南蛮人との交流があった当時の堺の感覚でも美人という外面の価値観の違いともリンクしているのも面白い。星一つ

下巻に入ってからの海戦の描写が白眉。命の価値が現在と異なるので殺し合いもあっけらかんとしたもの。それが泉州侍の心意気でもあるわけですが、『地獄でなぜ悪い』のカチコミシーンを見ているようで微笑ましくもあります。星一つ

製作費がかかりすぎるので映像化は難しいと思いますが、ロマンスあり、スペクタクルありなので、いっそ景姫が能島に流れ着いた外国人という設定で「ラスト・サムライ」ならぬ「ラスト・パイレーツ」でハリウッドで映画化するってのは。



[PR]



by non-grata | 2014-01-22 10:16 | 読書

今年は何でも五つ星
by non-grata
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28

フォロー中のブログ

最新のトラックバック

検索

ブログパーツ

最新の記事

外部リンク

ファン

ブログジャンル

画像一覧