おっさんノングラータ

<   2012年 07月 ( 20 )   > この月の画像一覧




ダークナイト ライジング

d0252390_1324595.gifつくづくアメリカ人は正義の話をするのが好きなのだと思う。もっとも朝鮮戦争以来の半世紀で価値観が大いに揺らいでしまったことを思えば、何かにつけて──エンターテインメントであっても、正義とは何かを考えたり語り合ったりするのは必然なのかもしれない。古い映画になるが、ベット・ミドラーが戦場の兵士を慰問する『フォー・ザ・ボーイズ』は、第二次世界大戦、朝鮮戦争、そしてベトナム戦争と推移するにつれ、世界は勧善懲悪で割り切れないことをわからせてくれる。湾岸戦争の年に公開されたことも興味深い。

それはそうと『ダークナイト ライジング』である。前作『ダークナイト』同様、本作も正義とは何かを問う作品だが、民主主義の末路を語ろうとするものでもあった。単なる聞き間違いかもしれないが、ベインがバットマンに「民主主義の最後を見届けろ」と言った時の字幕が「西洋文明の終わり」になっていたように記憶するが、あるいはそれは、制度として限界に達している民主主義と市場経済とをセットにした物言いだったか。

ともあれ民主主義である。ゴッサム・シティを封鎖したベインは、「市民による自治」の実験を開始する。そこに現出したのは衆愚である。衆愚が警察国家を運営し、出鱈目な裁判で不都合な人間を裁くのだ。オルテガが『大衆の反逆』で危惧した通りのことが起こる。

ならば、そこには絶望しかないのか。否、オルテガが示した通り、「選ばれた少数派」が事態を打開する。その少数派とは、打ちひしがれた少年に、まだ世界は終わっていないと教えてくれ、コートを肩にかけてくれるような、どこにでもいるヒーローのことである。彼らは本物の警察を救い出し、ゴッサム・シティを取り戻す。最後の戦いで拳がものを言うのはお約束、あるいは様式美。「ねだるな勝ち取れ、さすれば与えられん」は己が肉体を使わねば様にならないのだ。

そうして勝ち得た尊い勝利も、大衆はすぐに忘れてしまう。偶像に頼らなければ記憶に留めておけないほど、大衆は愚かということか。だから常に、誰かが「選ばれた少数派」となって大衆に良き道を示さなければならないのである。様々な問題を抱えながらも他のシステムと比較すればましと思われる民主主義を存続させるには、それしかないのかもしれない。

まあ何が言いたいかって、アナ・ハサウェイのキャットウーマンは素晴らしいってことで。
[PR]



by non-grata | 2012-07-31 15:01 | 映画

スターシップ・トゥルーパーズ インベイジョン

d0252390_1635160.jpg予算不足のためにパワードスーツを出せなかった、いやいや実は兵士を無惨に切り刻みたいというポール・バーホーベンのご意向だったのではないか、と様々な憶測を招いた第一作、予算不足のために暗闇で何が起こっているのかわからないシーンが多用され、もはや戦争映画ではなく、密室劇のミステリー映画となった第二作、大して話題にならなくて、上映館も限定されてしまい、ようやくパワードスーツまがいの「マローダー」が登場したのは良かったが、今度は幸福の科学もびっくりの宗教映画じみた内容になった第三作と、『スターシップ・トゥルーパーズ』は迷走気味ではあるがシリーズは続いている。その最新作『〜インベイジョン(以下STI)』はフルCGとなり、『アップルシード』を手がけた荒牧伸志が監督に抜擢された。

公式サイトの力の抜け具合からも、本作がそれほど期待されていないこと、あるいは「観たい奴だけ観ればいい」というある種の諦観が伝わってくるが、どうしてどうして、STIはシリーズの集大成であり、否、『エイリアン』シリーズの一連の作品も彷彿とさせてお腹一杯になる作品だった。

冒頭、バグに襲われた要塞の救援に駆けつける宇宙艦と機動歩兵たち。いきなりの激戦で命を落とす兵士、片腕を失いながらも衛生兵に助けられる兵士──負傷した機動歩兵はたちまち戦闘能力を失うが、対するバグは、どんなに撃たれようと、身体の一部を欠損しようと、意識ある限り人類を抹殺すべく戦い続ける。このコントラストは第一作のおさらいだ。

要塞内のバグを掃討するのは困難とみた救出部隊は生存者を回収、脱出を図る。ところが要塞で何やら研究していたカールはカルメンの乗艦を奪っていち早く脱出。しかも行方不明となる。残った生存者と救出部隊は辛うじて脱出に成功、要塞を爆破した後、カールの捜索に向かう。

カルメンと機動歩兵はカールを発見、戦艦に乗り込むがどうにも様子がおかしい。ここからのミステリーはST2を思わせる。誰が味方でだれが敵か? そして狭い艦内でのバグとの戦いは『エイリアン2』の海兵隊vsエイリアン! さらにバグを戦艦に積んだまま大気圏に突入するという流れは、嫌でも『エイリアン4』が思い出されるのである(しかも降下地点はフランス)。最後はジョニー・リコ将軍自ら搭乗するマローダー部隊が降下作戦を実行するのはST3で予習済み、というわけだ。

IMDbによれば第一作のレーティングが7.2、STIは3.2(ただし投票数は少ない)と評価はさんざんではあるが、前述した以外にもB級映画好きにはたまらない要素が盛り込まれているので、過度な期待さえしなければ楽しめるはずである。
[PR]



by non-grata | 2012-07-30 17:04 | 映画

10,000歩/日は難しい

火曜日から歩数計をつけ始めたところだが、1日10,000歩を歩くのはなかなか困難。初日こそ10,000歩オーバーだったが、昨日は9,800歩。今日は今のところ7,200歩なので、悪くても昨日と同じ数値は記録できる。

のではあるが、行きも帰りも1駅余分に歩き、かつ昼休みに(この炎天下の中を)30分近く歩き、さらに3時休憩でも歩いてようやくの数値。もちろんエレベーターは使わず、6階にあるオフィスまで階段を使う。基本、内勤の人間には10,000歩/日は難しい。というか、これまで5,000歩/日くらいしか歩いていないんじゃなかったろうか。

昼休みに歩くメリットは、オフィス周辺の再発見。意外な場所に意外な店を見つけられるのは楽しい。意外に公園が多いこと、その公園が大きかったりすることに驚いた。デメリットはとにかく暑い。汗だらだら!
[PR]



by non-grata | 2012-07-26 13:09 | チラ裏

空母 飛龍1939(竣工時)

「バリエーション商法」には賛否あるが、1アイテム当たりの販売個数が漸減しているのだから、派生商品で売上げを確保しようという企業努力は、同じ企業人としては否定しづらい。

ウォーターライン(WL)シリーズでこの「バリエ商法」に最も力を入れているのがアオシマで、オリジナル、スーパー・ディテール版、小冊子つき(最近は見なくなった)、年度違い、初版限定エッチング・パーツつき、そしてリテイク版……と、一粒で何度も美味しい商売を行っている。実際のところ美味しいかどうかは不明だが。正直、再設計のリテイク版やフジミの抱き合わせ叩き売り商法(「大和&赤城」「長門&陸奥」が発売されたばかり)はユーザーの買い控えにつながるのではないかと危惧しないでもない。

とまれ、かつてはWLシリーズのお荷物的存在と揶揄されたアオシマが、長門のリメイクを始めた頃から「やればできる子」ぶりをアピールしたことが好印象となり、殆ど同じものと知りつつもバリエ商品は殆ど購入してきた。記憶にある限り、初めて買ってもらったWLシリーズの飛龍も、少なくともオリジナル、冊子つき、39年版、42年版は買ったはずである。ところが先日出張で行った広島で、ネバーランドで見慣れぬ箱を見つけてしまった。「空母飛龍1939(竣工時)」。遊びに来たわけでもなし、荷物になるし、手ぶらで帰るつもりだったが、ここで買わねば二度とは出会いがないかもしれぬと購入した。

後でわかったことだが、これはエディオン・オリジナル・バージョンで、よく見ればWLシリーズのロゴはなく、アオシマの独自ブランド「1/700艦船シリーズ」になっている。エディオンのOEM製品で、1939年用のデカール、艦載機の他、海面シートがセットされた特別商品だったのだ。上のリンク先にある通り、発売は昨年の7月。

この企画が成功したかどうかは不明だが、例えばセブンイレブンやANAが販売したガンプラのコラボ製品よりはハードルは低いはず。スケール・モデルでOEMをする意義を出しにくいのは道理だが、そこにうまく理由付けできれば、消費者としてはバリエ展開よりは嬉しい企画となる。
[PR]



by non-grata | 2012-07-25 13:05 | 模型

タニタ歩数計 PD-635

d0252390_1156495.jpg

日曜日の産経新聞コラムを読んで、また運動不足も気になったので歩数計を購入。件のコラムはアメリカ万歳な内容で、時節柄オスプレイ配備を少しでも後押ししようという意図があったのかなかったのか、多分関係はないと思うのだけれど、アメリカは健康増進プログラムを導入してから肥満率低下、それに比べて我が国は……と、嘆いていた。インターネットではそれとは逆の言説ばかり目につき、例えばこれ。アメリカ人の肥満率は30年には42%に達するという予測。それに対して日本は先進34カ国中の34位という数値

それはそうとして、体重を少し落としたい(174cmで67-68kg)のと、運動不足は明らかなので歩数計購入に至ったのである。試算では、今の生活だと5000歩程度しか歩いていないはずだから、一駅余分に歩くとか意識しないと目標の10,000歩は達成できない感じ。
[PR]



by non-grata | 2012-07-24 12:05 | 買い物

ドッグマザー

d0252390_11172798.jpg『ベルカ、吠えないのか?』のようなエンターテインメントを期待していたら、違った。画像を探してamazonで検索したところ、古川日出男は2008年に『聖家族』を上梓しているので、そちらを読んでからにしたほうが良かったかもしれない、が、新聞の書評に惹かれて書店で注文したのだった。

後に東日本大震災と呼称されるようになる、2011年3月11日に発生した大地震の後、日本全国をあげてスローガンに掲げたのが「絆」であった。肉親、友人あるいは知人が被災し、または何らかの影響を受けたことで、多くの国民が嫌でもその言葉を意識したのではないか、と思う。しかしながら間接的にしか震災と関わらなかった者は、テレビや新聞、その他インターネットといったメディアを経由してしか震災を知らない者に絆を感じろというのは難しい。もともと「線」がつながっていない携帯電話が「断線」して連絡が取れなくなった後で、通信が回復しても「線」で結ばれるわけではないように。

ナショナリズムの定義として、経済上の得失を同じ基準で考えられる地域で暮らす者である、と聞いたことがある。村から町、町から市、県、地方、そして国への流れ。江戸時代末期には、日本で暮らす人の間には、東北で暮らそうと関西で暮らそうと、似通った共通の価値観が持たれ、即ちナショナリズムが既にして醸成されていたというのだ。以降、通信インフラが拡充されるに伴い、まずは新聞、続いてラジオによって国民は統制され、テレビの普及で価値観の均一化が行われ、インターネットによって細分化されつつも、ナショナリズムは保持されている、はずだったが、途切れるはずがないと思われた携帯電話が断線したあの震災によって、前世紀型のその考え方はリセットされたのではないか。見えない絆というのは幻想で、あるいは断線されるものであり、紛い物であり、本当の絆というのは形のあるもので、目に見えるものではないか。だとすれば、漠然としたナショナリズムなどではなく、確たる絆こそを依り代に、国の、あるいはもっと規模の小さいコミュニティを再構築すべきではないか。

ちょうど、本書を読むひと月ほど前から、最も親しい人とは手紙で連絡を取り合うようになった。一方的に情報が送られてくることもあれば、こちらが書いたことへのリプライもある。ものに執着しない人だから、こちらから送った手紙はあっさり処分されているかもしれない。こちらはまだ、いただいた葉書は取ってある。取ってはあるが、形として残っているのは葉書そのものか、自分の印象に残っている、そこに書かれた言葉なのか。

そこに絆はあるのか。

などということを、『ドッグマザー』読了後、柄にもなくそんなことを考えてしまった。

【7月24日追記】
誰か教えてください

『ドッグマザー』と併せて読むと、なかなか考えさせれる。
[PR]



by non-grata | 2012-07-23 12:14 | 読書

追想五断章

d0252390_12581774.jpg古書に絡んだミステリを最初に読んだのは、1997年の「このミス」海外部門で1位になった『死の蔵書』で、古書の世界の奥深さにすっかり魅入られた。探してみると「古書ミステリ」あるいは「古書店ミステリ」は意外にあるもので、今でも時々amazonさんにすすめられたりして、カスタマー・レビューを読むとなかなか面白そうで、思わずポチりそうになる。『追想五断章』は、アニメ『氷菓』ですっかり有名になった米澤穂信の「古書店ミステリ」ということになるだろうか。

「古書ミステリ」でないのは、物語の鍵となる古書が架空の同人であるため。亡くなったばかりである、依頼人の父親が書いた五本の短編小説。これが掲載された同人を集めることが、叔父の古書店で働く主人公の任務である。その五本の小説はリドル・ストーリー──結末まで書かれておらず、読者がいかようにも取れる物語であり、依頼主は最後の一行だけ書かれたメモを持っている。一作、また一作と風変わりな作品が見つかっていき、「五断章」が一つの物語を紡ぐことで全体像が見えるという構成。

同じ古書店を舞台にした『ビブリア古書堂の事件手帖』(こちらは古書ミステリ)と比べると色気はないものの、特殊能力を持たない主人公が謎を解明していく過程は安心して読める。そのぶん、事件のトリックも派手なものではない、少なくとも意表を衝くものではないし、主人公の存在感のなさが物足りなくも感じられるが。

なお、購入したのは画像のハードカバーではなく、文庫版。関西空港で購入し、ついつい先が気になって、台湾行きの飛行機で一気に読んでしまった。
[PR]



by non-grata | 2012-07-19 13:27 | 読書

伊勢街道ツーリング

世間的には3連休、天気が良かったのでツーリングに出かけた。翌日の仕事に備えなければならなかったので、16時には帰還するというタイトなスケジュール。

名阪国道を針ICで降りて、R369からR368、それからR165でぐるっと戻ってくる快走ルート。途中、道の駅で昼食とおやつを食べた。『夏目友人帳』のOPがBGMにかかったら、涙で前方視界がかすんでしまうくらいの原風景を存分に楽しんだ。何年か前にもこのコースを走ったけれど、また走りたい!

d0252390_13173682.jpg

R369に入るや「五平餅」の看板にひかれて小休止。
d0252390_13182849.jpg

蜂蜜にごま、落花生などを合わせたタレが美味。これで200円。
d0252390_13196100.jpg

R369はこういう景色が延々と続く良道。R368になってから、いきなり酷道に突入するので要注意。
d0252390_13225586.jpg

うっかり間違えて入った道の駅「茶倉」。あまりに暑かったので展望台には登らなかったけれど、果敢に挑戦するライダーも。この直前で追い抜いていった青のドゥカティさんとは、ここと飯高でも遭遇した。
d0252390_1322131.jpg

道の駅「飯高」で買った草餅。手作り感がたまらない。
d0252390_13244878.jpg

で、帰り道、給油ついでに寄った香芝SAで買った謎のパン。80cm長のソーセージ入りブレッド。香芝SA限定なので「KSB80」というひどいネーミング。美味しかったけれど。
d0252390_13275759.jpg

切ったらこんな感じ。
[PR]



by non-grata | 2012-07-18 13:29 | 関西日帰りツーリング

ハロー!?ゴースト

d0252390_11383292.jpg先週は家人の趣味を優先して『愛と誠』を観たが、その判断は正しかった。恐らく、『ハロー!?ゴースト』を観に行ったら途中で寝てしまったのではないだろうか。そのくらい、途中までは陳腐かつ退屈な展開が続くのである。

このブログを見ている人は皆無に等しいが、それでも検索で誰かがうっかり見つけることもあるだろうから「ネタバレ」を避けて書くと、「事前情報はできるだけ入れないで、我慢して最後まで観てください」ということになるだろうか。もう少し丁寧に撮れば、我慢することもないと思うし、驚きもより大きくなるのだろうけれど。自分の場合、「最後のどんでん返しが」の一文をどこかで読んだがために、今、主人公の身の回りで起こっていることを見るよりも、どんなミスディレクションを行おうとしているのか邪推するほうに忙しかった。「『テコンV』の映像が見られる」と聞いたがために、いつの時代を舞台にしているのか、気になって仕方がなかった。

ただし、叙述トリックを用いたミステリ小説をもう一度読みたくなるのと同じ心理で、『ハロー!?ゴースト』ももう一回観たくなる。ということは、ハリウッドあたりでリメイクされたとしても、元ネタを知っていても楽しめるのではないかと、密かに期待しているのだが。

心斎橋シネマートでは12時30分の回1回のみの上映となり、土曜日は30人ほどの入りだった。大林宣彦監督の『この空の花 ─長岡花火物語』はシネマート心斎橋では上映初日で、かつ同日の産経新聞朝刊にも紹介記事が掲載されていたためか、なかなか混雑していたようだ。同じく公開初日の、『ビッグ・ボーイズ 幸せの鳥を探して』がかなり気になっている。
[PR]



by non-grata | 2012-07-17 12:01 | 映画

中国化する日本

d0252390_12522374.jpg19世紀末、アジアでは日本だけが西洋化に成功し先進国の仲間入りを果たした──とは言うけれど、では21世紀になって、どう見ても西洋化していない中国が文句なしの大国になったのは何故か。この漠然とした疑問に明快な答えを示してくれたのが本書だった。

もともとは『文藝春秋』に掲載された対談で、著者が、日本の歴史は中国化(グローバル化)を推進する勢力とそれを阻止する勢力との対立で説明できる、と語っていたことに興味を抱いた。後者は「江戸化」と呼ぶことができる。わかりやすく言えば、前者は政治的には不自由だが経済的には自由、後者は政治的な束縛はないが経済的には制約がつきまとう社会ということになる。中国は、宋の時代にここで言う中国化を達成していたのだから、わざわざ西洋化する必要はない。いや20世紀後半になって西洋が中国化、即ち自由経済を推進したのである。

「明治維新が実のところ日本社会を『中国化』する試みであり、それへの反動たる『昭和維新』が再江戸時代化への挑戦」であり、「明治維新は結局失敗し、昭和維新が成功した」のだという。著者も指摘している通り、「最高の社会主義国家」が日本であったことを考えると、その言説は説得力を持つ。

そこで気になるのは、再江戸時代化に成功した戦後体制崩壊後の日本はいかなる道を歩むのか。これについて著者は、(1)否応なく中国化の波が押し寄せる、あるいは(2)再鎖国して北朝鮮化に挑戦する、という予測を打ち出している。恐らくは(1)が現実のものになろうが、(2)を完全に否定できない。中国化が進むにしても、憲法第9条をワイルド・カードに使った外交は、非常に有効であると思われる。

移民受け入れ問題まで言及されている。移民が増えることで治安が悪化したり、雇用先が奪われたりといったダーク・サイドばかりが強調されるが、人口が減少している先進国は日本に限ったことではないので、社会を維持するためには移民の受け入れが不可欠である。ならば、優れた移民に来てもらえる政策をとるというのが健全な思考というものだろう。

文章は平易でわかりやすく、引用には必ず出典が明示されるなど配慮が行き届いている反面、ネット民に挑発的な表現が目立ったり(いや、もちろん指摘は正しいのだが)、文頭に「なので」が頻発しているのが残念。
[PR]



by non-grata | 2012-07-13 13:33 | 読書

今年は何でも五つ星
by non-grata
プロフィールを見る
画像一覧

フォロー中のブログ

最新のトラックバック

検索

ブログパーツ

最新の記事

外部リンク

ファン

ブログジャンル

画像一覧