おっさんノングラータ

カテゴリ:読書( 119 )




(B19)清水俊二派です|『ロング・グッドバイ〔東京篇〕』感想

どれほど懐が寂しくとも、NHKの集金人を追い返せないほど我が家のNHK視聴率は高い。あとはテレビ大阪。もっとも、口座からの自動引き落としによって「似非国営放送」に搾取されるがままなのですが。

だからと言うわけではないが、NHKのドラマ、結構見ています。民放には真似できないほど資金が潤沢なんだから、そりゃあ良いドラマをつくれるわな……少なくとも今の民放が、レイモンド・チャンドラー原作の『ロング・グッドバイ』を下敷きに、日本を舞台にしたハードボイルド・ドラマはつくれない。いや本当、原作知らない人は置いてけぼりの展開で驚きました。

その脚本(渡辺あや)を司城志朗がノベライズした『ロング・グッドバイ〔東京篇〕』です。

d0252390_1612245.jpg司城志朗と言えば、矢作俊彦と合作で『犬なら普通のこと』を発表しており、その筋には定評があります。いやもう本作も素晴らしかった。

例えば猫、キャットフード、鰹節の件。ドラマでは少なくとも第3回までは描かれなかったシーンですが──卵を温める猫はいましたが──これはロバート・アルトマンの映画『ロング・グッドバイ』へのオマージュ。こちらは「70年代のフィリップ・マーロウ」で原作とは別人ですが、猫が登場する〔東京篇〕も同じく「戦後東京のフィリップ・マーロウ」で別人なんですね。ただしアルトマンに比べて〔東京篇〕のストーリーは原作に忠実です。

同じ原作でも、日本では二つの顔を持つ、一つが清水俊二訳で、もう一つが村上春樹訳。原文に忠実なのは後者だが、原作の魅力を伝えてくれるのは、私にとっては前者。年齢とともに記憶力が低下したことを差し引いても、後者の台詞は覚えていないが、前者のなら空で言えます。〔東京篇〕は、清水俊二が描いたマーロウが、日本人のなりをして、日本語を話しています。そしていくつか、自分も使ってみたいと思える台詞を吐く。

ときどきひとは、私のことをお節介なやつだ、と言う。そうかも知れない。自分の歩く道もわからないくせに、ときどきひとに道を教えたがる。

不幸は群れをなしてやってくる、とシェイクスピアは書いた。幸もまた、とつけ加えるのを忘れたに違いない。

男の愚痴は、女の涙より始末が悪い。

(ロールスロイスに)乗っておいてよかった。二回目はぜんぜんちがう。女と同じだ、と思い、下品なことを、と珍しく自分を恥じた。

本作を読む予定があるなら、次に引用する台詞はその時まで取っておくべきです。もっとも、原作未読であれば大事にしておく意味は半減しますが。

中国人は世界中どこにでもいて、ときどきめちゃくちゃなことを言い出すが、作る詩はいつも美しい。

その詩があの名台詞に通じることは、言うまでもありません。

さよならをいうのはわずかのあいだ死ぬことだ。



[PR]



by non-grata | 2014-05-08 16:51 | 読書

(B18)安心の小谷野節|『頭の悪い日本語』感想

d0252390_10555452.jpg話し言葉ならともかく、いや、それも抵抗あるんですが、「なので」から始まる文章って気持ち悪いよね、という話がありまして。『太平洋戦争のロジスティクス』の評判が良かったので期待して読み始めたのですが、「はじめに」だけならともかく、本文中でも文頭「なので」が使われていて、「そっ閉じ」してしまいました。内容がどれだけ良くても、どうにも読み進める気になれなかったわけです。

そんな折りに書店で目にしたのが本書。「なので」は、まさに「頭の悪い日本語」に思えるのですが、まだまだ許容範囲なのでしょうか。

本書はまえがきにある通り、「誤用日本語の本を書くつもりだったが、そのうち、自分の気に入らない最近の表現や、言葉狩り、言葉豆知識なども」入った実用的かつ趣味的にも楽しめる内容。第一部気持ちの悪い日本語①誤用編では、「すべからく」「役不足」といった有名どころはさすがに知っていても、「かたわら痛い/片腹痛い」や「翻案/再話」など、気をつけないと絶対に間違える誤用指摘もちらほら。各項目に添えられたエピソードも楽しい。「破瓜」って女性16歳、男性64歳のこととは知りませんでした(処女喪失でも間違いではない。第二部日本語勘違い⑨エロティック編)。

その他、気になった項目は次の通り。

実事(変換できません) アレの意味もあるそうで、「『性』にしても、徳川期にはセックスという意味はまったくなかったのだから、日本人が漢字や漢語に新しい意味を付与してゆく能力というのは、すごいものがあると思う」。

ワナビ ネット・スラングのことですが、知りませんでした。主として小説家を目指している若者のことを指すそうで、「『2ちゃんねる』の『創作文芸板』はワナビの集うところである」なんて書かれています。チェックされているんですね。

彼女 日本語に「かれ」はあっても「彼女」はなかったそうです。明治になって西洋語の訳語としてつくられたそうで、夏目漱石は「彼女」を使うのを嫌ったとか。

許で 仕事でこれを使っても読んでもらえない事案多数。しまいに平仮名で書くようになりましたが、これからはちゃんと使おう。

ホームページ 昔はwebサイトのことをそう思っていたのですが、サイトのトップ・ページを指すのだと知ってからは誤用しないよう注意しております。が、日本、韓国、ドイツでは慣例的にそう呼ぶんだそうです。確か『帰ってきたヒトラー』でもそんな表現が使われていました。

ためになるばかりでなく、笑える話も多いので、トイレにでも常備しておいて、思い出したように読みたい一冊です。



[PR]



by non-grata | 2014-05-02 11:44 | 読書

(B17)今年の暫定ベスト1!!|『オービタル・クラウド』感想(★★★★★)

d0252390_1544433.jpgGeneMapper-full build-』も面白かったけれど、本作はそれをはるかに超える内容でした。

構成がお見事 イランでお手製の小型ロケットを飛ばし、何やら実験を行う学生。商業軌道ホテル。地球に落下する小隕石に関する情報を天体観測マニアに提供する「メテオ・ニュース」。「宇宙」というキーワードでのみ結びつけられる、場所も置かれた環境もばらばらの人たちの思いと行動が、物語が進むにつれて一つに収斂されていきます。こういう展開、好きなんです。燃えます。

何かとリアル 少しだけ先の未来の話なので、登場するガジェットが存在感を持っています。メガネ型のウェアラブルな端末なんて5年前なら「中二病的な」と形容されそうですが、実用化されていますもんね。敵も味方もスマートフォンが最大の武器というのも納得。

小型軽量高性能省電力CPUならああいう使い方もできるし、(原理はわからないけれど)並列処理させれば安価なスパコンになるわけですね。騙されているかもしれないけれど、大いに納得させられます。

天才ハッカーの名が「アカリ」 『キャプテン・アース』と一緒じゃないですか! 髪の毛の色もオレンジ色だし……というのは関係ないですね。カズミ君もアカリさんも極めて優秀なのにwebの請け負い屋をしていて、しかも日本を向いて仕事をしていないところにリアルを、あるいは近い将来のリアルを感じてしまいます。

ミステリとしても秀逸 イランから打ち上げられたロケット。それ自体におかしなところはないのですが、切り離されて地表に落下するはずの2段目のボディが落ちてこない。いやわずかに高度を上げている。これは一体? というところから物語は始まります。もしやこれは「神の杖」では?

本筋とは関係ないところでNORAD(北アメリカ航空宇宙防衛司令部)の迎撃作戦が展開されるのですが、これがまた熱い。イーグル(F-15)マニアは胸が熱くなること請け合いです。

問題提起も興味深い こんな場末のブログを読んでいる人もそうそういないと思いますが、本書は先入観なしで読んでもらいたいので、ストーリーの展開に関わることには触れません。エンターテインメントとして楽しめるだけではなく、組織論や危機管理、果てはこれからのビジネスの在り方についてまで、いろいろと考えさせられます。

序盤で明かされるキーワードの一つなので問題ないでしょう、テザー推進が物語の重要な鍵となります。これが敵に回ると厄介な存在になるのですが、対策が見つかった時、新たな可能性へと「跳躍」します。結末へと向かう怒濤の展開は鳥肌ものです。

昨年末に観た『ゼロ・グラビティ』もたいへん面白いSF作品でしたが、本作も予算かけて映像化してくれませんかね。



[PR]



by non-grata | 2014-04-25 16:20 | 読書

(B16)このもどかしさは|『ビブリア古書堂の事件手帖 (5) ~栞子さんと繋がりの時~』感想(★★★★★)

d0252390_1319649.jpg人気の古書ミステリ・シリーズです。4巻も読んでいるはずですが、記録がない(3巻の感想はこちら)。3巻では八海山飲んでたんですね。

今回は3章、順に『彷書月刊』『ブラック・ジャック』『われに五月を』をめぐるミステリが主題となっていて、そこは安定の面白さ。星三つ。エピソードと謎との結びつきはどうしても力業になってしまいますが、それでも面白く読めてしまうのはさすがです。星一つ。そして恐らくは今回初めて「断章」が設けられており、大輔視点では見えなかったことが、栞子視点で語られます。これがまた味わい深い。で、星一つ

シリーズ全体を通して見ると、二人の関係がようやく一歩前進。このもどかしさは『めぞん一刻』に通じるものがありますね(たとえが古いのはおっさんだから)。けれど、それで間違っていないことは、志田さんの言葉からも明らかです。

「そうやってくっついたり離れたりしてよ、怒ったり笑ったりする時間が、お前らにはたっぷりあるんだなって思ってよ……俺らみたいな年寄りとは、まるっきり違うんだ」

いやあ、若いっていいですね(いつの間にか主人公の父親くらいの年齢になっていたことに軽く目眩を覚えつつ)。



[PR]



by non-grata | 2014-04-16 13:25 | 読書

(B15)田舎暮らしを検討しています|『限界集落株式会社』感想(★★★★★)

d0252390_16391176.jpgいろいろあって都会での生活に疲れたエリートが、地縁のあるド田舎で休養しようとしたところ、これまたいろいろあって消滅寸前の村の再興に乗り出すという話。もちろん最後はハッピー・エンド。さすがにこりゃご都合主義じゃなかろうか、と思えなくもないが、可能性を示してくれるからいいんです。

お話の中とは言えうまくいくには相応の理由があって、

農業法人としてまとまれる規模の村であったこと。ご先祖様から受け継いだ田畑をコルホーズするのは抵抗はあるが、ビジネスとして効率化するためには仕方がない、と割り切れなければたちいかないのです。

研修生とは言え、若い人がいたこと。農業研修生がいて、地の人と一緒になって改革に乗り出したのが大きい。それでもって、

ネット民を味方につけたこと。研修生ありきの話になりますが、野菜のオンライン販売、出荷不適合の「くず野菜」をキャラクター化して人気を博したことが、サクセス・ストーリーを加速させたことは間違いありません。これはもうその通りでして、様々な自治体が、やれゆるキャラだ、萌えだといろんな取り組みをしていますが、簡単にポピュラリティを得られるものではないのです。

資金調達力を持っていたこと。これが一番大変なことと思われますが、主人公がそもそもこの分野に精通しているので無問題。最悪の事態に陥ったとしても、ある程度リカバーできるだけの自己資金を持っているのも大事です。

そう考えると作中のような成功を収めるのは容易ではありませんが、だからと言って何もしなければ状況は変わらないわけで、日本の農業を変えるためには行動を起こさないといけないんでしょうね。



[PR]



by non-grata | 2014-04-15 17:04 | 読書

(B14)ドラマはどうなる!?|『弱くても勝てます』感想(★★★★★)

d0252390_18513018.jpg明日からドラマの放映が始まるんですね。そうとは知らずに最近、文庫版を購入しました。平成17年夏に東東京予選ベスト16まで勝ち進んだ進学校の野球部に関するノンフィクションです。副題通り「開成高校野球部のセオリー」です。

ノンフィクション・ライターの高橋秀美が開成高校野球部を追っかけていく、という内容で、野球同様9回=9章の章立てになっております。その全ての章で高校野球の「常識」とかけ離れた開成高校野球部のセオリーが紹介される趣向です。そんなわけで9回もそれをやられるとさすがに飽きてきますが、それは固定観念に囚われているからだと、はたと気づかされます。

知らず知らずのうちに9章ある=9人いる=打線が組める、ならば第1章はとりあえず出塁して、第2章で進めて、中盤から一気に盛り上げて……などとメリハリを期待してしまいますが、開成高校野球部のセオリーではそれこそ「ナンセンス」なのです。強い打球を打てる選手を1番からずらっと並べ、打「線」ではなく、「輪」として考える。8番9番の次が1番2番。抑えられると思った8番9番に出塁されてショックのところを1番2番が畳みかけて敵の戦意を挫くわけです。そう考えると、本書も一番面白かったのは最初の2章で、途中からだんだん飽きが来る……のだけど、終章で、「え、どういうこと?(何があかんかったんや?)」と思って第1章に戻ると、そこでガツンとやられる趣向です。いやほんと。

「野球は守備から」と言いますが、点取らなければ勝てないし、1試合にアウトは27個しか取れない=野手平均で3個のアウトしか取れないことを考えると、少ない練習時間を削って守備練習をしても仕方がない、というのはなかなか考えさせられます。広島カープはもう少し打つべき。

元巨人の桑田真澄が解説を書いていて、これがまた面白かった。スコアボードにEの表記があるのは、エラーするのは仕方がないという証。エラーを繰り返さないように考えることが大事、という話は、会社の朝礼に使えそうです。

よくよく考えると、開成高校野球部の戦い方は第二次世界大戦のドイツ軍ですよね。新戦術で敵に心理的なダメージを与え、主導権を取り続け、立ち直る暇を与えない電撃戦。しかしソ連軍に通用しなかったように、選手層という縦深を持つ本当の強豪校は、容易には倒せないんじゃないでしょうか。が、バルバロッサ作戦でドイツ軍が勝利するかもしれないというくらい、開成高校野球部の甲子園出場にはロマンがあります。

ドラマの公式サイトには原作にはいなかった女子マネージャーらしき姿があって、ドラッガーを持ち出さないかと不安と期待で一杯です。



[PR]



by non-grata | 2014-04-11 19:13 | 読書

(B13)『LIFE!』の結末に涙する|『レッドスーツ』感想(★★★★★)

d0252390_1544431.jpg日経新聞の書評で評価の高かった新☆ハヤカワ・SF・シリーズの一冊。実のところ書評を読んでもピンとこなかったのだけど、なるほど、ネタバレになるから仕方がないね。

銀河連邦宇宙艦隊旗艦〈イントレピッド〉は、宇宙探索の航海中。旗艦でありながら最前線で酷使されるのは、〈ヤマト〉や〈エンタープライズ〉と同じ原理です。その〈イントレピッド〉の遠征が、やたら危険に満ちたものになるのも同じ。常に誰かが命を落とし、けれどもいつも遠征に参加する「主な登場人物」たちは必ず生還する。

そんなわけで、遠征のたびに欠員の出る〈イントレピッド〉は常に乗員補充の必要に迫られる。そんな中、新規配属された主人公たちがこの現象に疑問を抱き、解明に乗り出す──というのが大筋です。

前半をやや退屈気味に読んでしまった人は、作者の術中にはまります。私がそうでした。この異常現象の原因を突き止めてからは怒濤の展開で、ページを繰る手を止められないでしょう!星一つ。ここから先は少々ネタバレ。

「レッドスーツ」とは、スタートレックのテレビ・シリーズ『宇宙大作戦』の保安員を指します。赤い服を着た無個性なモブ男(しかもやられ役)のことで、ファンが生み出したスラングなんだそうです。ドラマを盛り上げるためにはしゃーない、死んでくれ、てなもんです。『宇宙戦艦ヤマト』における第三艦橋勤務みたいな位置づけですな。『2199』は健在でしたが。

視聴者は、「主な登場人物」に感情移入してドラマを見るでしょうから、レッドスーツの一人や二人が生きようが死のうが気にもかけないわけです。しかしもちろんレッドスーツにも劇中では描かれない人生があるのです。それが予想外の方法で明らかになります。星一つ

で、思わずにはいられないわけです。果たして自分はレッドスーツなのか、それとも「主な登場人物」に入れるのかと。

客観的にはいろんな見方ができるでしょうか、自分の人生なんだから、本当は主観的に考えるべきです。テレビ・ドラマでは描かれないかもしれないが、レッドスーツがちゃんと仕事をしているからこそ、〈イントレピッド〉だって航海を続けられているんだ──職業に貴賎なし、というのとも違うな。大事なものは身近にあるよ、ということを教えられる点が、映画『LIFE!』に通じるのです。

感心させられ、笑わされ、最後の奇跡に泣かされと、忙しい一冊でした。星三つ



[PR]



by non-grata | 2014-04-09 09:28 | 読書

(B12)『ものつくり敗戦』感想(─)

d0252390_1516577.jpg●「匠の呪縛」が日本を衰退させる
●日本は同じ過ちを繰り返すのか
●システム思考軽視が、日本を第二の敗戦に導く。

このへんの副題やら惹句やらに惹かれて購入したんですが、どうにもこうにも読み進めるのが苦痛で途中で挫折。あるいは、『『レアメタル』の太平洋戦争』を読んだ時のように新たな知見が得られるかと思ったけれど、ピンときませんでした。

見開きに二つも三つも小見出しがつくような構成で、話が飛び飛びで、まるでザッピングしている気分にさせられます。読んだ気になっても頭に入ってこない。バラエティ番組の垂れ流しなら構いませんが、読むという主体的行動に対してこうこられると辛いなあ。日経新書の編集のせいにしておこう。二度とこのシリーズは買わないでおこう(備忘録)。



[PR]



by non-grata | 2014-03-31 15:27 | 読書

(B11)抜き出し名言が嬉しい|『武士道の名著』(★★★★★)

d0252390_10203270.jpgその昔、『五輪書』を愛読している外国人に武士道についていろいろ聞かれ、きちんと答えられなかった経験があります。今も怪しい。本作で武士道が確立していった過程を学べば、それなりに対応できるんじゃないでしょうか。

本作では発表順に『甲陽軍鑑』『兵法家伝書』『五輪書』から『葉隠』『言志四録』、そして『武士道』と、全部で12の武士道関連著作とその背景を紹介しています。時代の推移とともに武士道に求められることも変化しているのが興味深い。さらに、各書の「名言」がピックアップされているのも嬉しい。気になったのをいくつか紹介します。

『呉子』に曰く、世を必するときは即ち死す。死を必するときは即ち生く。(甲陽軍鑑)

戦場で臆病にしていたらかえって危ない、死ぬ気持ちで臨めば活路も拓ける……という話。『オーガストウォーズ』で、兵員輸送車に乗って息子を捜すお母さんが、敵の襲撃を受けて脅えるシーンがあります。その時にロシア兵が「怖いか? 怖いと思う方向から目を逸らしたら死ぬぞ」とアドバイスするんですが、それと似てますかね。

打にうたれよ、うたれて勝つ心持ちの事。(兵法家伝書)

敵に一太刀浴びせるのはそんなに難しいことではないけれど、敵から打たれないようにするのは大変よ、だから確実に仕留めなさい。心臓に必ず2発弾丸を撃ち込む殺し屋の話を思い出しました。主導権を得ている間に反撃の余地を与えることなく攻撃する、というのは兵法の基本ですね。

武士道と云は、死ぬ事と見付たり。(葉隠)

武士はとりあえず死ね、死んどけ、ということではありません。生死がかかるような非常事態において、適切に物事を判断するのは難しい。ならば、とりあえず死ぬ確率が高い選択肢を採っておけ、という話です。結果、死んだ=仕方ないよね、でもよく頑張った、という評価になるし、生き残った=よくあの苦境を脱した、素晴らしい、と褒められる。ところが楽な道を選べば、死んだ=アホちゃうか、生き残った=この恥さらしが! ということになる。

古い映画ですが、『ヤングガン』で、メキシコへ逃れようとする仲間に対してビリー・ザ・キッド(エミリオ・エステベス)が言います。「男は毎日がテストだ。テストから逃れると腕が落ちて、いずれ死んでしまう。敵も俺たちが南へ行くと思っているだろう。メキシコへ行くのは最高のテストだ!」そんな感じですかね。結局、みんな死んでしまうわけですが。

当今の毀誉は懼るるに足らず。後世の毀誉は懼る可し。(言志四録)

今の評価は気にせず、後世の評価は気にせよ=今は誤解されて貶められるかもしれないが、後には正しいことは必ず評価される、という意味。佐藤一斎はなかなか面白いことを書いていて、「皆忙しいと言っているけど、意味のある仕事をしているのはそのうち1-2割、残りの8-9割はどうでもいい仕事をしている」とか、「一年のうちで無用な仕事は7割。けれど何か仕事についているから悪いことを考えないで済むので、これも無用の用なのだ」とか。

自分自身の良心を、主君の気まぐれな意志や酔狂や妄想のために犠牲にする者に対し、武士道では低い評価が与えられた。(武士道)

新渡戸先生、宮仕えしている者に染み入るお言葉です。『葉隠』にも関連する良い言葉がありました。「奉公の至極の忠節は、主に諫言して、国家治むる事也。下の方にくどつきまはりては益不立。然ば家老に成が奉公の至極也」。主がアレな時、うまくコントロールするのが至極の奉公なんですね。まさに武士道と云は、というやつですよ!



[PR]



by non-grata | 2014-03-28 12:02 | 読書

(B10)『化学探偵Mr.キュリー』感想(★★★★★)

d0252390_934318.jpg東京出張帰りの新幹線の中で、ビール片手に軽く読める本をと思って手を出したのがこちら。『化学探偵Mr.キュリー』。帯にある「もし俺が警察なら、クロロホルムを嗅がされたという被害者を最初に疑うだろう」という台詞の引用に心惹かれるものがあったわけです。

大学の庶務課で働くようになった七瀬(ワトソン役)と、大学随一の秀才にして化学オタクの沖野準教授(ホームズ役)が化学に絡んだ──というか掠っているというか、そんな感じの日常系ミステリを解き明かしていく短編連作です。とりあえず「ビール片手に軽く読める」という所期の目的は果たされました。星五つ



[PR]



by non-grata | 2014-03-28 09:41 | 読書

今年は何でも五つ星
by non-grata
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

フォロー中のブログ

最新のトラックバック

検索

ブログパーツ

最新の記事

外部リンク

ファン

ブログジャンル

画像一覧