おっさんノングラータ

(M16)シミュレーションは大切|『オール・ユー・ニード・イズ・キル』感想

無性にDN-01が欲しくなる。赤+純正バッグ+SP忠男マフラーつきでまずまずの中古が見つかりました。明日、近所のRBで展示されるようなら縁があったものと身受けしようじゃないか!

d0252390_10141822.jpg聞くところによると、映画と原作は別物で、映画は「兵士がタイムリープして次第に強くなる」というアイディアを発展させた娯楽大作に仕上がっているのだとか。以下、大いにネタバレあり。

恐らく優秀な広告マンだったトム・クルーズだが、「ギタイ」と呼ばれる地球外生命体による侵略の煽りを受けて代理店が倒産。しかし軍の広報官に採用され、そこで頭角を現す。短期間で将校さんになったのだから、恐らくそうだ。

さて、人類はそのギタイに太刀打ちできなかったが、パワード・スーツ的な外骨格=戦闘機動スーツを装着して兵士を強化することで、ある程度は戦えるようになった。ヴェルダン(第一次世界大戦の激戦地。今年は第一次大戦勃発100周年)で、「フルメタル・ビッチ(戦場の牝犬)」ことエミリー・ブラントが一人で100体ものギタイを倒したのだ。さあ人類反撃の時がきた。西ヨーロッパはギタイに占領されているが(ということは、結局ヴェルダン戦には負けたのね)、イギリスから戦闘機動スーツ部隊がフランスに上陸(今年はノルマンディ上陸作戦70周年)、東部から中国軍とロシア軍が挟撃して(今年はバグラチオン作戦70周年)ギタイを一挙に殲滅しようというのである。

トム・クルーズにはDデイのロバート・キャパよろしく、最前線でレポートするよう命じられたが、紙で指を切っただけで卒倒するような虚弱体質。命令を拒否したら逮捕され、意識を失い、気づけば新兵の訓練キャンプに。しかも翌日には作戦が決行される! あれよあれよという間にドロップ・シップに乗せられ、戦闘機動スーツの扱いもよくわからないまま敵前に降下。当然、戦死。しかし次の瞬間、新兵の訓練キャンプで目を覚ます。

最近、タイムリープものを観たり読んだりする機会が増えているが、本作のそれは『魔法少女まどか☆マギカ』の性質によく似ている。暁美ほむらがワルプルギスの夜を倒すため、そして鹿目まどかを魔女化させないために何度も何度も戦いをやり直したのと同様、トム・クルーズも人類の存亡をかけて何度も死ぬ。死ぬ度に同じことが繰り返されるので自然、戦い慣れして強くなる。戦場で経験に勝るものはないのだ。

『魔法少女〜』のタイムリープ能力は暁美ほむらが偶然得た力だが、『オール・ユー〜』は、もともと敵の能力であり、ギタイは都合が悪くなると時間をリセットして戦いをやり直してきた。そりゃあ人類はギタイに勝てませんわ。しかし人類側にその能力を持つ者が現れ、状況は変わる。どんなにギタイが戦いを有利に進めても、トム・クルーズが死ねば振り出しに戻ってしまうのだから!

それにしても10回も20回も、いや100回も死んでは生き返り、かつ記憶を引きずっていると、人間の精神は崩壊してしまわないものだろうか。暁美ほむらはその限界に達し、全てを諦めかけたところで鹿目まどかがある決断を下すことで救われた。トム・クルーズも一度は諦めかけたが、最後は力業で乗り切った。前者はそのシーンが真のエンディングで後はエピローグとなるが、後者は、乗り切ろうとする直前にもう一波乱あって、ハリウッド映画らしいエンディングが用意されている。どちらにしても、「諦めずに努力することで展望が開ける」というところで山がくる。

最後はリセット不可の一発勝負が求められるが、これまでの経験で困難を乗り越える。考えてみればノルマンディ上陸作戦も、これが一発勝負だったら大変なリスクを負うが、連合軍は1942年にディエップ強襲を行い、そして大損害を出して失敗している。死んだ、あるいは捕虜になった将兵にはたまったものではないが、この時の経験が本番のDデイで役立ったのだ。シミュレーションは大切ということか。

ここで盛大なネタバレ。

アルファとオメガを倒した後、トム・クルーズはイギリスへ向かうヘリの中で目を覚ます。何というご都合主義と思ったが、「ヴェルダン戦に勝利して人類をヨーロッパから駆逐、アルファがルーブルの地下へ移動したらステージ終了(セーブ・ポイント)」だったのではなかろうか。だから、アルファが死ぬと最後にセーブされたポイントまで時間が遡り、ハッピー・エンドとなる。という解釈でどうですかね。



[PR]



by non-grata | 2014-07-04 10:14 | 映画

今年は何でも五つ星
by non-grata
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

フォロー中のブログ

最新のトラックバック

検索

ブログパーツ

最新の記事

外部リンク

ファン

ブログジャンル

画像一覧