おっさんノングラータ

(B28)よくわかる真田幸村|『華、散りゆけど』感想

2014年も早折り返しです。前半最後の6月は、台湾で食中りに遭い、1週間ほど悶絶しておりました。台所をネズミが這っているようなちまき屋が悪かったのか、ホテルの朝食で生野菜を食べたのがいけなかったのか。これまでそんなことはなかったのですが、単に加齢とともに免疫力が低下しているだけかもしれません。

ブログを放置している間にも本を読んだり映画を観に行ったりはしておりました。

d0252390_1563186.jpg仕事で「大坂夏の陣」を調べる必要があって、雰囲気を掴むのに歴史小説を読んでおこうと、書店でたまたま見つけた一冊。「真田幸村連戦記」と副題にある通り、「冬の陣」「夏の陣」を真田幸村がいかに戦ったかが描かれています。ただ、戦闘描写は全体の半分以下、一番興味があった夏の陣は冬の陣よりボリュームが抑えられていたのが残念。蟄居していた九度山を出て大坂城へ入り、真田丸を構築するあたりが一番盛り上がります。

★軍事に優れた父親と、政治に秀でた兄を持つ幸村ですが、大坂城における軍評定での描かれ方から、なかなかディプロマティックな才能も持っていたようです。しかしはるかに政治力を持つ家康に叶おう筈もなく。戦術的勝利では戦略的劣勢を挽回できないというやつですね。

★真田丸築城の件では、実に魅力的な「大将」に描かれています。岸和田のやんちゃくれも思わず惚れてしまう男っぷり!

★幸村の最期には諸説あるそうですが、『大坂の陣と真田戦記』によると、史実では松平忠直の家臣、西尾仁左衛門との一騎打ちで倒されたことになっています。本書では『細川家記』に近い扱いで、疲れ果てて休んでいるところに敵と出くわして……ということになっていますが、これはこれで悪くはない終わり方。

★幸村は家康本陣に突入し、大狸を討ち取りますが、それが本物なのか影武者なのかわからない──どうだっていい、という終わらせ方に、徳川方、豊臣方双方の厭戦気分が表されています。

★伊達と因縁浅からぬことになるのであれば、天王寺の戦いはやっはりもう少しボリュームが欲しかった!

さくさく読めるので、大坂の陣の概要を掴んでおきたい人にお勧めです。



[PR]



by non-grata | 2014-07-02 15:31 | 読書

今年は何でも五つ星
by non-grata
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

フォロー中のブログ

最新のトラックバック

検索

ブログパーツ

最新の記事

外部リンク

ファン

ブログジャンル

画像一覧