おっさんノングラータ

(M08)至ってフツーに|『キック・アス ジャスティス・フォーエバー』感想(★★★★★)

d0252390_6562460.jpg親父(ビッグ・ダディ=ニコラス・ケイジ)にヒットマンならぬヒット・ガール(クロエ・グレース・モレッツ)が、ヒーローに憧れる貧弱な少年(デイヴ・リゼウスキ)とともに街の悪を撃つ、続編ムービー。なんですが、序盤で前作のおさらいをしてくれるので安心。もちろん前作を観ていると冒頭のシーンで思わず微笑んでしまうでしょう。『キック・アス』が帰ってきた、と。星一つ

時の流れは速いもので、HGはハイスクールの1年生。BDの同僚だったマークスの保護下で生活しています。が、治安維持活動は御法度、高校生らしく生活しなさい。自分の真似をしてスーツを身につけた自警団が活躍し始めると、KAも普通の生活に物足りなくなり……。

KAのライバル、レッド・ミストは暗黒面に落ちて「マザー・ファッカー」と改名。資金力にものを言わせて悪の組織を編成します。黒人、中国系、ロシア系と、安っぽい人種差別感丸出しの部隊編成に笑わされます。星一つ

HG、KA、MFとも、親の反対を乗り越えて己の信念を貫こうとする姿勢が面白い。目指す方向はばらばらなんですが。その構成のユニークさに星一つ

で、HGは学校で女子力高い系の生徒にいじめられたりするわけですが、『キャリー』と同じでいじめるほうがいじめられるほうより貧相なので(クロエちゃんも貧相そうに演じてみせてはいるものの)、ここは笑うしかないでしょう。星一つ

今回は新キャラとして、「キャプテン・アメリカ」ならぬ「カーネル・スターズ&ストライプ」が登場しますが、これはまあいてもいなくても同じ存在。せっかくジム・キャリーを使うのであれば、もっと活躍の場を与えるべきだったのでは。もったいない! しかしそれを言い始めると、小さな女の子が殺し屋を演じる意外性が今回は失われているので、作品そのもののインパクトも薄れております。ならばシリーズを重ねて……ヒット・ワイフ(『Mr.&Mrs.スミス』があるじゃん)にヒット・ウイドウ(壇蜜!!がいるじゃん)、ヒット・グランマ(『レッド』があるじゃん)……先行者がいますね。

HGやKA、CSASの存在感の薄さに比べると、MFは輝いていました。「庶民の夢は宝くじを当てて、スカーレット・ヨハンソンとやることだ!」という台詞は、魂の叫びです。真理です。星一つ



[PR]



by non-grata | 2014-03-07 07:31 | 映画

今年は何でも五つ星
by non-grata
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

フォロー中のブログ

最新のトラックバック

検索

ブログパーツ

最新の記事

外部リンク

ファン

ブログジャンル

画像一覧