おっさんノングラータ

(M04)シュテルンビルトの金八先生|『劇場版 TIGER & BUNNY -The Rising-』感想(★★★★★)

d0252390_925333.jpgヒーローものであり、子どもに見せられる健全なアニメでありながら深夜に放送され、婦女子から予想外の絶大な人気を集めた『TIGER & BUNNY』の新作続編であります。前回の劇場版は総集編+新エピソードでしたが、今回は正当な続編。

本編前のヒーロー紹介が週替わりに行われるという、前作同様のファン泣かせ仕様は健在。その後、オープニング・ソングから本編に入る構成はテレビアニメ的ですが、背景を飾る桂正和のイラストが秀逸すぎて星一つ。これだけで劇場に足を運んだ甲斐がありました。

以下、なるべくネタバレにならない程度にまとめると、二軍(二部)で苦悩するタイガー&バーナビー。誤解から生じた小さな亀裂が、アポロン社の経営陣刷新で断裂へと発展します。ここに物語の二つの鍵が潜んでいます。

正義の心は持っているけれど、力及ばずの二軍のヒーローたち。間もなく公開の『キック・アス ジャスティス・フォーエバー』の自警団を彷彿させます。けれど二軍は赤字、徹底した合理化を図る新経営陣は部門の廃止を決断します──バーナビーを一軍に昇格させた後で。

そうして虎徹に訪れる中年の危機。「この時期に問題や症状が生じたら、それは新しい自己実現のための病だと考えられるのです。これに直面しないでいる限り、その問題なり症状なりに、悩まされ続けることになりますが、勇気を持って立ち向かい、これを乗り越えると、それは新しい可能性や創造性への飛躍につながります。したがって、「中年の危機」は意義深い停滞と言えますし、またこの危機はきわめて「正常」なものであるとさえ言えます」ということです。このへん、実際に映画を観た人と語り合いたいところですが、未見の人の興を殺ぐのが忍びないので口は閉じておきましょう。リンク先からもう少し引用させてもらうと、

「この「危機」を乗り越えようとする過程で多くの人が体験することのイメージとして、「夜の海の航海(night sea journey)」があります。心が暗闇の中にあって、出口の光が見えず長らく低迷する状態です。しかし、航海がそうであるように、いつかは闇の世界から脱出する時が来ます」

このあたりが実に鮮やかに演出されているのです。それは、虎徹以外のもう一人のヒーローについても言えることです。その人個人の悩みですが、虎徹にも、あるいは他のヒーローにも、いやいや中年の危機を迎える全ての人々にとって、乗り越えなければいけない悩みですよね。

アメコミで育った子どもたちが『アベンジャーズ』シリーズを支持するとすれば、『TIGER & BUNNY』はどのあたりに支持されているのか? 特撮ヒーローものが好きな人? それはもちろんあるとして、加えて、「金八先生」シリーズの学生ドラマ好きだった人にも訴求するはずです。学校は社会の縮図と言いますが、ヒーローたちも「ヒーローTV」という権威に縛られています。生徒に指導し、時に助けてくれる先生はディレクター。ヒーローたちは個人的な悩みを抱えつつも、成績を上げることを求められます。そのヒーローたちに期待し、広告費を支払う形で投資する企業が親に当たりますか。『〜The Rising』では、校長がスカウトしてきた優秀な転校生が入ってくることで、生徒たちの学園生活に大きな波紋が押し寄せることになります。そこに前述した「中年の危機」が加わるのだから、面白くないわけがありません。学生ドラマとして懐かしく見られるのと同時に、同時代性の面白さまであるのですから。

そう考えると公開初日のレイトショーで、意外に年輩の観客が多かったことも納得できます。彼らはヒーローものだから、ではなく、ドラマとして楽しんでいたのではないでしょうか。あるいは、「アメコミ的なもののアニメーション」と期待して観ると裏切られたかもしれませんが、70〜80年代の日本のドラマが好きだったなら、きっと楽しめたことと思います。最後に拍手したくなるくらい。星一つ

あと三つ? えーと、カリーナちゃんが女っぷりを上げました。髪を後ろにくくるところで星一つ。苦悩しているのにそうは見えない牛とスカイ・ハイに星一つ。それでもって、最後はやっぱりUNISON SQUARE GARDENで締めてくれたことに星一つ。おっさんだけど、USGの曲を聴くと幸せになれますな。



[PR]



by non-grata | 2014-02-10 10:24 | 映画

今年は何でも五つ星
by non-grata
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

フォロー中のブログ

最新のトラックバック

検索

ブログパーツ

最新の記事

外部リンク

ファン

ブログジャンル

画像一覧