おっさんノングラータ

『犬の伊勢参り』感想|★★犬だけじゃなく牛も豚も(猫は?)

d0252390_10133422.jpg「犬の伊勢参り」と言っても、人が犬を連れて伊勢参りをするのではなく、犬が単独で伊勢参りをしたという話。嘘っぽいけれど記録もいくつか残されているので本当のことなんでしょう。

いきなり犬が伊勢参りを始めたというのではなく、その背景にお蔭参りがあった。数百万人が、全国から突如、伊勢参りをしたという社会現象で、奉公人が仕事中、あるいは子どもたちが遊んでいる最中にふっと姿を消したことから、「抜け参り」とも呼ばれる。雇っているほうとしては迷惑この上なく、奉公人が戻ってきたら暇を出されそうなものだが、「伊勢参りなら仕方がないか」という風潮があったようだ。伊勢へ行くのを促すお札が空から降ってきたりするものだから(これも仕掛けがあったようで)、お蔭参りする人を誰も止められない。

さて江戸時代、犬は特定の個人ではなく地域に飼われていた。いつも遊んでくれていた子どもたちが抜け参りをして突如いなくなる。その子どもたちを追いかけて犬が伊勢を目指し、伊勢参りする人々の誤解もあって、「犬の伊勢参り」第1号が生まれたのではないかと想像される。

その後、事情があって伊勢参りに行けない人が、代わりに犬を送り出すようになる。首に銭を通した紐をかけており、宿屋が世話すると、そこから幾ばくかの代金が引かれる。が、犬の伊勢参り成功を願う人々が寄付することもあったので、帰ってくる頃には出た時よりも多くの銭をぶら下げていたという。もちろん首には、どこの犬なのかを記した札がつけられており、無事に帰れるよう多くの人が手を貸したに違いない。中には飼い主が知らない間に伊勢参りをした犬もいた(山形)が、最長記録は青森県からだったという。

牛が伊勢参りしたとの記録も残されている。広島では犬より豚がポピュラーな動物で、豚に伊勢参りを託した者もいたようだ。

明治以降、「犬の伊勢参り」は途絶える。犬の飼い方も西洋化され、地域ではなく特定個人で飼われるようになった。不特定の飼い主に飼われていた「地域犬」は野犬として処分されるようになったからである。

ということで、今年は式年遷宮の年だが、残念ながら犬が伊勢参りをすることはないだろう。本書を読んで、愛犬を伊勢参りさせたいと思う人はいるかもしれないけれど。



[PR]



by non-grata | 2013-06-27 10:42 | 読書

今年は何でも五つ星
by non-grata
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

フォロー中のブログ

最新のトラックバック

検索

ブログパーツ

最新の記事

外部リンク

ファン

ブログジャンル

画像一覧