おっさんノングラータ

『奪命金』感想(ネタバレ)

d0252390_8343384.jpg「奪命」ときて「金」、それでいて香港映画、怪しげな男性二人と女性一人が大写しになったポスター。こりゃアクション映画に違いないと思って劇場(シネマート心斎橋)へ足へ運んだのだが、予想外れもいいところ。でも期待した以上に楽しい時間を過ごすことができた。

オフィシャル・サイトはここ。iMDbはここ

タイトル通り、「金」をめぐる群像劇で、
1)マンション購入に積極的な妻を持つ警官の夫婦。夫(リッチー・レン)はそれよりも仕事が大事
2)営業成績の不振に悩む銀行員(デニス・ホー)
3)義理堅い、昔気質のヤクザ(ラウ・チンワン)
が主な登場人物。接点がないはずの3人が、ユーロ危機という、これまた縁遠いイベントで交わることになる。

1)の妻は独断でマンション購入を進めようと2)に融資を求める。

1)の警官は3)の兄貴分をしょっ引く。保釈金を準備するため、3)は兄弟分を尋ねる。その兄弟分は株の売買で儲けていたが、ユーロ危機で大暴落。別のヤクザの資金運用に失敗、しかもそれをごまかそうとしたものだから殺されそうになる。そこで3)は親分の誕生日会で知り合った金貸しから金を借り(ると見せかけて脅して奪い)、違法なデイトレードで一発逆転を狙おうとする。

金貸しは3)の借金に申し出に従い2)の銀行で現金1000万ドル(約1億1000万円)を引き出すが、担保(権利書)が半分しか用意できないと連絡を受けたため、500万ドルの現金を2)に「戻しといてくれ」と渡して銀行の駐車場へ。そこで何者かに襲われ、死亡する。

銀行には1000万ドルを引き出した記録はあるが、500万ドルを入金した記録はない。そして口座の名義人は死に、金貸しが持っていた500万ドルも誰かが持って行った。じゃあ、手元に残った500万ドルはどうなる?

と、最初はばらばらに進行していたエピソードが思いがけないところで交錯していくのだ。

誰もが金に関わるのだが、2)が手にする500万ドルは他人の金だし、3)にしても兄貴分にしても、他人の金で儲けている。2)の銀行に老後の資金運用で相談にきたおばさんも、楽して金を儲けようとした(このおばさん、ガス自殺騒動のあったアパートに住んでいた模様)。実体を伴わない金を動かして幸せになろうとした人々が、ユーロ危機という、これまた遠い外国の騒動によって振り回されてしまうという皮肉。そして、金に縁のなかった1)(手付けを打ったマンションが暴落後の反発で高騰)、2)(犯罪を犯したわけだが)、3)(兄弟分がなくなったので一発逆転で儲けた金を懐に)の人生が狂うかもしれないという示唆を残して「劇終」となる。

「Life without Principle」という英語タイトルが腑に落ちる。

d0252390_9525766.jpg

ラウ・チンワンが男気を見せるシーン……なんだけれど、笑えてしまう。最後の葉巻は成り上がった自分へのご褒美か、それとも亡くなった兄弟分への手向けか。

d0252390_9563053.jpg

ゲス顔の金貸し(左)。映画の冒頭で、デニス・ホーに金の何たるかを説く。で、金に振り回される人生は金で命を落とすのだと、身をもって教えてくれるのだ。



[PR]



by non-grata | 2013-02-28 09:59 | 映画

今年は何でも五つ星
by non-grata
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

フォロー中のブログ

最新のトラックバック

検索

ブログパーツ

最新の記事

外部リンク

ファン

ブログジャンル

画像一覧