おっさんノングラータ

浜坂〜丹波篠山ツーリング

アイアン・スカイ』を観て『まど☆マギ』を観て、その勢いで自宅でBDのラスト2巻を見て、それから毎年恒例の浜坂へのツーリング。

当初は神鍋高原を経由してふる里で昼食、そこから北上して海沿いに浜坂へアプローチしようとしたが、神鍋からの県道が通行止めになっていたため手前の蕎麦屋さんに。美味しかったはずなのだが、途中から降り出した雨に気を取られてそれどころではなく。開店5周年とのことで粗品のタオルをいただいたが、それが大いに役立った。

その後、どうにも気分も天候もすぐれないので道の駅神鍋高原で温泉に。古い学校のような造りでなかなか趣きがある。身体が温もったものの天候は回復せず、諦めて早々に浜坂を目指すことにした。目的地は芦屋荘

毎年のことだし、昨年も散々浜坂界隈を歩いていたので新味もないが、今年は駅前に釣り船を模した足湯に浸かった。

d0252390_10431414.jpg

d0252390_10435079.jpg

d0252390_1044204.jpg

駅前の商店でカップ酒を買って飲みながら足湯に浸かる。香住鶴は旨い。

d0252390_1046219.jpg

浜坂温泉郷の看板下に、何やら見慣れない建物が……昨年はなかったはず。

d0252390_1048585.jpg

6月にオープンしたまち歩き案内所ー松籟庵で、中には蓄音機が展示されていた(実際に聞かせてくれる)。何でも浜坂は「針」の生産地で、縫い針だけでなくレコード針の生産も行っていた。独自のブランドで海外へも輸出、戦中の物資不足の折には竹の針(使い捨て)なども作っていたという。今でも需要がないわけではなく、愛好家から注文があるのだとか。

d0252390_10515293.jpg
d0252390_1051469.jpg

カニ目当てで来るのもいいが、その町の現在が、どのような歴史で成り立っているのかを知るのも一興。こういう試みは大事にしたい、というか、旅先で見かけたらチェックしていきたい。

夕食は浜坂の魚や海老を堪能。ちょっと海老が少なかったとかで、ご主人の計らいでのどぐろをご馳走になった。何でも最近は香港あたりからの買いつけにより値段が高騰、入手しづらくなっているそうだ。「もう食べられないかもしれませんよ」と、恐いことを笑顔でおっしゃる。

翌日は天気も回復し、南下して丹波篠山へ向かう。ちょうどササヤマルシェを開催していてすごい人出だった。メキシカンな店でタコスやらチョリソーやら肉串やらアロス・コン・ポーヨ(ペルーの炊き込みご飯)を食べて、日本一旨いと自賛するコーヒーを飲んだ(確かに旨かった)。街道沿いで黒豆を買って帰還。来年は鳥取から浜坂へ、それから丹波篠山へと計画的に回りたい!
d0252390_1113795.jpg




[PR]



by non-grata | 2012-10-11 11:02 | ツーリング

今年は何でも五つ星
by non-grata
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

フォロー中のブログ

最新のトラックバック

検索

ブログパーツ

最新の記事

外部リンク

ファン

ブログジャンル

画像一覧