おっさんノングラータ

チャーチルの亡霊──危機のEU

d0252390_15344054.jpg「27歳の新鋭が新資料発掘!」との惹句が空回りする感のある一冊。タイトルからは、現在、EUが直面している危機は、まるでチャーチルの亡霊が引き起こしているのではないか? と想像される。「EUの父」と呼ばれるクーデンホーフは汎ヨーロッパ主義を唱え、大英帝国はそれには参加せず、外部からコントロールすることを目指したチャーチルは、最初はその運動に賛意を示しつつも途中で乗っ取ろうとして(本書の前半はこのやり取りに費やされる)、結局はうまくいかなかったわけだけれど、なるほどその意味では「チャーチルの亡霊」がEUの足を引っ張っているように見えなくもない。そこに興味がある人は終章だけ読めばよく、新書特有の細切れ編集のお陰もあって、結論にたどり着くまでがなかなか大変だった。

しかし、思えばヨーロッパの統合とはドイツとフランスをどう仲良くさせるか? につき、第二次世界大戦後に両国で締結されたシューマン宣言こそ、EUの礎のように思える。イギリスが外からヨーロッパを管理するなんて、ナポレオン時代の発想ではなかろうか。そりゃあチャーチルが「最後に仕掛けた『ヨーロッパ統合』は」失敗するだろう。
[PR]



by non-grata | 2012-09-03 15:56 | 読書

今年は何でも五つ星
by non-grata
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

フォロー中のブログ

最新のトラックバック

検索

ブログパーツ

最新の記事

外部リンク

ファン

ブログジャンル

画像一覧