おっさんノングラータ

虐殺器官(伊藤計劃)

「虐殺「機関」に属する主人公が、虐殺「器官」を操る男と対峙するわけだが、群体の一部である前者と身体の一部である後者との相似性が面白い、というより恐い。「9.11」によって世界が狂気に支配されたのだとしたら、眠っていた器官が復活してもおかしくない。のだが、10年後の今年行われたアンケート調査を見ると、米国のやり方を間違っていると答えた米国民が75%いるそうで、少し安心。それが「海の向こうに、漠然とした戦場が広がっている」ことでごまかされた結果でなければだが。 」

以上が、読書メーターに投稿した内容。

台北へ飛ぶ前、関空の丸善で平積みして売られていたので即ゲット。何とも重い話なのでなかなか読み進めなかったけれど、主人公が標的と接触してからはラストまで一気読み。「9.11」からちょうど10年、本作を読むのは何とも感慨深い。

「仕事だから仕方がないという言葉が虫も殺さぬ凡庸な人間たちから、どれだけの残虐さを引き出」したかを考えると、まったくもってその通り。「仕事」を、「アジアの平和」や「民主主義を守るため」に置き換えるのも可。

小松左京賞を逃した理由に、虐殺器官の説明が不十分だとされていたが(後書きによる)、歴史を振り返ればそこに答えがあるような気がするが、どうだろうか。

実際、自由を享受しているように思えるものの、現実には「人々は見たいものしか見ない。世界がどういう悲惨に覆われているか、気にもしない。見れば自分が無力感に襲われるだけだし、あるいは本当に無力な人間が、自分は無力だと居直って怠惰の言い訳をするだけだ」

ならば、虐殺器官は簡単に制御され得るだろう。
[PR]



by non-grata | 2011-09-16 08:31 | 読書

今年は何でも五つ星
by non-grata
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

フォロー中のブログ

最新のトラックバック

検索

ブログパーツ

最新の記事

外部リンク

ファン

ブログジャンル

画像一覧